徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

病気の治療

medical treatment

脳神経外科の病気:ラトケ嚢胞

下垂体機能低下の場合は経鼻的手術

ラトケ嚢胞は、トルコ鞍と鞍上に進展すると多房性の薄い膜からなる良性腫瘍で、大きくなれば側脳室底部まで進展します。内容液はトルコ鞍内にあるような大きさのものは透明から、白濁状、米のとぎ汁様、時には膿瘍状のものまでまちまちです。視神経の圧迫、下垂体の圧迫による下垂体機能低下がみられることがあります。この場合、経鼻的手術で嚢胞の開放を行います。通常再発することは少ないとされますが、散見されるのも事実です。

PAGE TOP

PAGE TOP