徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

病気の治療

medical treatment

脳神経外科の病気:頚椎症

脊椎・脊髄の仕組み

<症例1> 手足を動かす命令は脳から脊髄を通って末梢神経に伝わり、手足の筋肉を動かします。また、体や手足の感覚(触っている感覚や、温度や痛みの感覚、触覚など)は末梢神経をさかのぼり脊髄を通って脳に伝わります。この脊髄は上から頚髄、胸髄、腰髄、仙髄と呼ばれ、背骨(脊椎)の中にある脊柱管を通り、脳と同じように骨の中で保護されています。頚部の背骨を頚椎、胸部の背骨を胸椎、腰部の背骨を腰椎といい、骨盤の仙骨につながっています。頚椎は7個、胸椎は12個、腰椎は5個、仙骨は1個の骨でできています。
上各脊椎の間には椎間板と呼ばれる組織があります。椎間板は、髄核と呼ばれる中心部の弾力をもった柔らかい組織と、線維輪と呼ばれる周囲で髄核を閉じ込める線維組織からなります。また、各脊椎は前縦靭帯や、後縦靭帯、黄色靭帯などのたくさんの靭帯で連結されています。脊椎脊髄疾患というのはこれらの神経(脊髄)や、骨(脊椎)、椎間板、靭帯の病気やケガのことです。

頚椎が変形し神経根や脊髄を圧迫

主に40歳代以降で、椎間板の老化が起こり、水分量が減少して弾性がなくなります。それに伴って頚椎も変形し、脊柱管内や脊柱管から外にでる部分で神経根が圧迫されるようになることがあり、頚椎症といわれます。主に神経根が圧迫されると頚椎症性神経根症、脊髄が圧迫されると頚椎症性脊髄症とよばれています。
頚椎症性神経根症では頚部痛や片側の肩や腕、手の一部にしびれや痛み、筋力低下などの症状が出現します。頚椎症性脊髄症では頚椎症性神経根症の症状に加えて両手のしびれや、巧緻性障害(不器用になること)、両足のしびれや運動障害、歩行障害、排尿障害などの症状が出現します。

症状が進行したら手術で神経の減圧

しびれなどの症状があっても生活の支障が軽い場合は、症状が悪化するか改善するかどうか経過観察を行います。痛みがある場合には消炎鎮痛剤を用い、しびれがある場合にはビタミンB12製剤を使用します。頚椎を支える筋肉を強化する運動も有効です。頚椎カラーを用いて頚部の安静を図ることもありますが、長期間の使用はかえって筋肉を弱めてしまい逆効果となる場合もあります。
 保存的療法を行っても症状が進行し、日常生活に支障がでるような筋力低下や、強い痛み、歩行障害、排尿障害などがでた場合は手術による神経の減圧を行います。手術法としては、頚部の前方から行う方法と、頚部の後方から行う方法があります。

頚椎前方除圧固定術

全身麻酔下で、頚部の前面に4㎝程度の皮膚切開を行い、頚動脈と食道の間を剥離して頚椎の前面に到達し、顕微鏡を用いて丁寧に頚椎の一部を削り、脊髄を圧迫する骨棘や靭帯などを摘出して脊髄を前方から除圧します。その後、頚椎にできた空間に骨盤の骨(もしくはチタン製の人工骨)を移植し、創部を縫合して終了します。手術時間は2~3時間で、手術翌日から食事を開始し、歩行訓練を行います。術後7~10日で退院可能ですが、移植した骨がずれないようにカラーを数週から数カ月装着することが必要です。

頚椎椎弓形成術

全身麻酔下に腹臥位として頚部の後面に6~8㎝の皮膚切開を行い、頚椎の後方の骨(椎弓)を露出します。顕微鏡下に椎弓の片側に溝を作成し、反対側を切断します。その後、椎弓を持ち上げて脊柱管を後方へ拡大し、持ち上げた椎弓がもとに戻らないようにセラミックなどの人工骨を挟んで固定します。このように脊柱管を後方から拡大して脊髄の圧迫を解除する方法を椎弓形成術といいます。手術時間は2~3時間で、手術翌日から食事と歩行訓練を開始します。術後7~10日で退院可能で、カラー固定は1週間ほどで済みます。

PAGE TOP

PAGE TOP