徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

病気の治療

medical treatment

小児科の病気:先天性胆道拡張症

逆流した膵液によって拡張

肝臓でつくられた胆汁の通り道が胆管ですが、胆管は消化酵素を含む膵液の通る膵管と十二指腸の出口のところで一緒になります。この病気では膵管と胆管が十二指腸の手前で合わさって一つの管になるため膵液が胆管に逆流し、胆管の壁を傷つけ胆管が拡張すると考えられています(図)。

先天性胆道拡張症

女児の発症は男児の4倍

東洋人に多く、女児は男児の約4倍多く発生します。症状は、腹痛や黄疸(皮膚や白目が黄色くなる)、白っぽい便、おなかにしこりを触れる、などがあります。診断には、超音波検査、腹部CT等で胆道の拡張や形態を調べたり、磁気共鳴胆管膵管造影(MRCP)や内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)を用いて胆管や膵管の異常をさらに詳しく調べます。この病気は放っておくと、腹痛などの症状を繰り返すだけでなく、胆管や胆嚢にがんが発生する率が高いため、診断がつき次第できるだけ早く手術をすることが勧められます。

手術では、拡張した胆管や胆嚢を取り除き、胆管と小腸をつなぎます。これにより膵液と胆汁の流れを分けることができます。手術後の経過は一般的に良好ですが、10年以上経ってから肝臓や膵臓に石ができたり、小腸と胆管のつなぎ目が狭くなったりすることがあり、長期間にわたり定期検診が必要です。

PAGE TOP

PAGE TOP