徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

病気の治療

medical treatment

小児科の病気:精巣捻転(睾丸捻転)

陰嚢に痛みや腫れがあれば早急に医療機関へ

精巣(睾丸)が回転することにより精巣にいく血管や精管(精子を運ぶ管)が突然ねじれる病気で、精巣に強い痛みと腫れを伴います。明け方に症状を認めることが多く、早急に(できれば6時間以内)ねじれをもどさないと精巣は壊死(えし)に陥り萎縮してしまいます。ねじれをもどすためには手術が必要で、反対側(ねじれていない方)の精巣もねじれやすい形をしているため、両側の精巣を固定する必要があります。

精巣上体炎や精巣捻転以外の陰嚢に痛みと腫れを起こす病気(急性陰嚢症といいます)もあり、区別が非常に難しい場合も多く、陰嚢に痛みや腫れ、発赤を認めるようであれば、できるだけ早く医療機関を受診してください。

PAGE TOP

PAGE TOP