徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2020年(令和2年)6月8日 月曜日 徳洲新聞 NO.1239 三面

福岡病院
“ありがとうの花”咲く 院内にメッセージパネル

玄関前のメッセージパネル。職員から患者さんに向けたお礼の言葉玄関前のメッセージパネル。職員から患者さんに向けたお礼の言葉

福岡徳洲会病院は職員などへの感謝の気持ちなどを表したメッセージパネルを設置した。

パネルは職員ロッカー室前と正面玄関の2カ所に設け、前者は職員同士や外部業者から職員に、後者は応援の言葉をかけてもらった外来看護師が、外来患者さんに向けたお礼の言葉を掲示。

新型コロナウイルスへの対応で院内全体がピリピリするなか、瀬上希代子・看護部長が看護師長会で「雰囲気を変えたい」と話したところ、産科病棟の看護師・助産師が新型コロナ対応病棟に向け応援メッセージパネルを作成。院内COVID︱19対策本部がパネルや応援メッセージを貼れる掲示スペースをつくったことで多職種に広がり、メッセージパネルの設置場所も増えていった。「まるで院内に花が咲いていくような感じで、優しい雰囲気が生まれています」(瀬上部長)と今後も継続する意向だ。

PAGE TOP

PAGE TOP