徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2016年(平成28年)5月2日 月曜日 徳洲新聞 NO.1029 三面

湘南厚木病院
専門病院に迅速搬送
救急隊員対象セミ開催

外傷医療には集約化が必要と訴える土田センター長 外傷医療には集約化が必要と訴える土田センター長

湘南厚木病院(神奈川県)は、救急隊員を対象とした第6回湘南救急セミナーを開催した。これは実際に救急搬送された重度四肢外傷例の診療内容と経過を報告する会で、同セミナーを受講すると救急隊員の生涯教育制度の単位が付く。

今回は上肢・下肢開放骨折など全9例の重症四肢外傷の症例報告と「外傷治療の今」と題した講演の2部構成。まず西田匡宏・外傷センター医長が各症例の検査画像を提示し、診断の付け方、治療計画の決め方とポイント、治療経過など詳しく紹介。外傷治療にはリハビリテーションが不可欠なことから、田中あかりリハビリ科副主任(作業療法士)と石川裕也・理学療法士がリハビリ内容と経過を紹介した。

西田医長は、四肢外傷例は専門医による治療介入が早いほど良好な成績を得やすく、逆に時間が経つほど阻血により組織が壊死(えし)するため、成績は悪くなることを指摘。タイムリミットは「筋肉の損傷なら4時間、神経損傷なら8時間、皮膚損傷なら24時間、骨損傷なら4日間」と、専門病院への速やかな搬送を求めた。

続いて土田芳彦・外傷センター長が登壇。自身の経験をもとに日本の外傷医療の現状を紹介した。欧米諸国の事例を引き合いに、理想的な外傷治療には医療資源の集約化が必要と持論を展開。とくに、頭部や腹部と四肢など身体の複数部位が同時に損傷する多発外傷の場合は、救命し得たのちは手足の温存、次いで(四肢の)機能再建とシームレスに各専門科による医療が提供できる環境が必要と訴えた。

PAGE TOP

PAGE TOP