徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2016年(平成28年)5月2日 月曜日 徳洲新聞 NO.1029 一面

症例検討会の演題募集
7月に第5回肺がん研究会

徳洲会オンコロジープロジェクトは7月23日、都内で第5回肺がん研究会を開催する。徳洲会呼吸器部会の第3回症例検討会を中心に、呼吸器関連疾患のミニレクチャーや一般・特別講演を行う予定。

同研究会は診療科や職種の垣根を越え、肺がんなど呼吸器疾患に対する診療レベルの向上を図るのが狙い。徳洲会グループのスケールメリットを生かした症例検討会では、各病院で経験した症例をもち寄って情報共有することにより、困難症例などに遭遇した際の診断・治療方針の決定に役立つ内容だ。

また外部講師を招いて行う講演は最新の肺がん治療のエビデンスを得る貴重な機会となっている。

同プロジェクト事務局は現在、症例検討会への積極的な演題の応募を呼びかけるとともに参加者を募集。呼吸器悪性腫瘍(肺がん、悪性胸膜中皮腫、浸潤性胸腺腫、胸腺がんを含めた悪性腫瘍)や、非腫瘍性の呼吸器疾患一般(びまん性肺疾患、ARDS=急性呼吸窮迫症候群、感染症、気道熱傷、気道損傷などを含む)など幅広いテーマの演題を受け付けている。医師に限らず呼吸器疾患に携わる医療従事者すべてが対象。演題応募の締め切りは7月8日、研究会への参加の締め切りは7月15日。

第5回肺がん研究会

日時 : 7月23日(土)午後1時半開始
会場 : トラストシティカンファレンス丸の内N館11F「Room 3+4」(東京駅日本橋口隣接)
プログラム:● 徳洲会呼吸器部会「第3回症例検討会」(座長:千葉西総合病院の岩瀬彰彦・呼吸器内科部長、八尾徳洲会総合病院の瓜生恭章・内科部長)、●[検討中]間質性肺炎などをテーマとするミニレクチャー(講師:宇治徳洲会病院の竹田隆之・呼吸器内科部長)、● 一般講演(演者:昭和大学病院腫瘍内科の石田博雄助教、座長:竹田部長)、● 基調講演(演者:京都府立医科大学医学研究科呼吸器内科学講座の髙山浩一教授、座長:和泉市立病院の福岡正博総長)

※ 参加無料。宿泊・交通費は各自負担。申し込み・問い合わせは徳洲会グループオンコロジープロジェクト事務局(未来医療研究センター内 ☎ 03・3263・4801)まで。

PAGE TOP

PAGE TOP