徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2016年(平成28年)5月2日 月曜日 徳洲新聞 NO.1029 四面

ココロもカラダもいきいき
どこでもカンタン予防体操⑧
認知症予防にコグニサイズ

前回の拮抗体操に続き認知症予防に効果がある体操を、介護老人保健施設松原徳洲苑(大阪府)の奥村美知子リハビリテーション科主任(作業療法士)が紹介します。今回はcognicise(コグニサイズ)という国立研究開発法人国立長寿医療研究センターが開発した体操です。コグニサイズはcognition(コグニション)(認知)とexercise(エクササイズ)(運動)を合わせた造語で、身体を動かすと同時に脳の活動を活発にすることを目的とした体操です。これにより認知機能の維持を図り、認知症の発症を予防するというものです。

奥村美知子・介護老人保健施設松原徳洲苑リハビリテーション科主任(作業療法士) 奥村美知子・介護老人保健施設松原徳洲苑リハビリテーション科主任(作業療法士)

コグニサイズは認知課題と運動課題を同時に行います。組み合わせることで脳へ効果的に刺激を与えることができます。認知課題は、足し算や引き算などの計算、しりとり、数を数えながら3の倍数などで手をたたく―など。他方、運動課題には、足踏み、昇降運動、左右のステップ、前後のステップ、ウォーキングなどがあります。

国立長寿医療研究センターは10カ条として以下のことを挙げています。①無理はしないで徐々に行う、②ストレッチしてから開始する、③水分を補給する、④痛みが起きたら休息を取る、⑤トレーニング中の転倒に注意、⑥少しの時間でもできるだけ毎日行う、⑦「ややきつい」と感じるくらいの運動を行う、⑧慣れてきたら次の課題に移る、⑨トレーニング内容は複数の種目を行う、⑩継続がもっとも大切。

実施時間はストレッチや休憩などを除き20~30分が目安です。年齢や運動強度に応じた適切な目標心拍数があります。終了後には1分間当たりの心拍数を計って記録し、次回の参考にしましょう。

今回紹介するのはコグニサイズの一部ですので、興味をもたれた方は書籍やインターネットで調べてみてください。なかにはグループで楽しめるコグニサイズもあります。自治体の介護予防教室などで行われているケースもあり、その機会に参加するのもよいでしょう。

コグニサイズⅠ:昇降運動

①「いーち」と数えながら昇降台に片足ずつ両足を乗せる

①「いーち」と数えながら昇降台に片足ずつ両足を乗せる

②「にーい」と数えながら両足を昇降台から降ろす。

②「にーい」と数えながら両足を昇降台から降ろす。

③「さーん」とは言わずに両足を昇降台に乗せ両手をたたく(3の倍数のときには声に出さず両手をたたく動作をする)

④「よーん」と数えながら両足を降ろす。このあとも数字を増やしながら①~④の動作を繰り返し、3の倍数の時には声に出さず両手をたたく。慣れてきたら、手をたたく倍数を変えたり、数える際に100から任意の数を引き算しながら数えたりするようにして 難易度を調整

コグニサイズⅡ:サイドステップ

①両足をそろえて立ち、「いち」で右足を開く

①両足をそろえて立ち、「いち」で右足を開く

②「に」で右足を戻し両足をそろえる

②「に」で右足を戻し両足をそろえる

③「さん」のタイミングで左足を開くが、コグニサイズⅠのように3の倍数の時には声に出さず両手をたたく。このあと「よん」で左足を戻し、同じ動作を繰り返す。慣れてきたら同様に手をたたく倍数を変えるなど難易度を調整

コグニサイズⅢ:ウォーキング

①しりとりやかけ算、引き算などを行いながらウォーキングを行う

PAGE TOP

PAGE TOP