徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

採用情報

Recruit

事務部門の業務内容

総務課

総務の仕事は人(職員)の管理。
他職種との交流も深く、幅広くオールマイティな人材になれる部署
  • 人事管理(採用・昇給・昇格・退職・面接)
  • 労務管理(給与計算・賞与計算)
  • 各規則の順守(就業規則、服務規律)
  • 社会保険適用(健康保険、厚生年金、雇用保険)
  • 各官庁への届出、報告
  • 住民税の納付手続き
  • 諸法令の遵守(労働基準法・健康保険法・雇用保険法・医療法)
  • 寮管理、有給休暇管理、職業保険手続き
  • 職員駐車場の管理
  • 福利厚生

総務課の主な業務は、職員の管理です。
他の職種との交流が深く、幅広くオールマイティな仕事の多い部署です。
具体的には、採用面接や昇格などの人事管理、給与の計算などの労務管理、採用時の社会保険の加入の手続き、行政への必要な届出、社宅の管理や有休、職員の駐車場の管理、福利厚生など、職員にまつわるもの、職場にまつわるものを全て管理するのが総務課です。

経理課

経理の仕事はお金(数字)の管理。
 予算管理や実績管理を行い経営のスペシャリストな人材になれる部署
  • 現金や預金の入出金会計業務、税務に係る業務全般
  • 月次決算、年次決算、予算管理等の業務全般
  • 年間事業計画作成
  • 資金繰り等財務管理業務全般
  • 運営会議資料作成
  • 監査法人対応
  • 各種分析データ作成

経理課の主な業務は、お金、そして数字の管理です。
予算管理や実績管理を行い、経営のスペシャリストになれる部署です。
具体的には、現金や貯金の入出金会計業務や税務にかかる業務全般。月次決算、年次決算、予算管理等の業務全般。年間の事業計画の作成や病院経営に関する分析データの作成なども行います。

資材課

資材の仕事は物(物品・設備)の管理。
物品供給や設備維持管理等を行い物流に関するプロフェッショナルな人材になれる部署
  • 医療機器・医療材料・院内各種備品の購入や管理
  • 仕入先の開拓・価格交渉
  • 部署への物品の提供
  • 維持管理と修繕により、建物や各設備の状態を最適にする
  • 敷地 … 植樹、舗装、外灯、サイン
  • 建物 … 建具(ドアやサッシ)、改修工事、老朽化による修繕
  • 設備 … 空調、電気、衛生、消防設備

資材課の主な仕事は物品や設備の管理です。
大きく「資材係」と「施設係」に分けられます。

資材係は、医療機器や医療材料の購入や管理を行います。具体的には、仕入れ先の開拓や価格交渉を行うほか、部署への物品提供などを行います。

施設係は、建物や設備の管理や修繕を行い、最適な状態を保ちます。病院敷地内の植樹や表示板の設置、建物の補修、空調や電気の管理など、建物に関する設備を管理するのが主な仕事です。

医事課

病院の顔であり、レセプト業務は医事課職員の専門性を生かした中心的な業務。
保険請求から収益にかえる経営に非常に役割の大きな部署
  • フロント業務(受付、レジ)
  • 電話対応、接遇
  • 診療報酬計算、出納、退院事務
  • 係の仕事(労災・交通事故・介護意見書・生活保護・老健施設等々)

医事課は、病院の顔であり、診療報酬請求業務いわゆるレセプト業務は、医事課職員の専門性を生かした業務です。
保険請求を行い収益に還元する、経営において非常に役割の大きな部署です。
具体的には、病院の受付などのフロント業務。そして診療報酬計算を行います。

会計窓口で患者様が支払った自己負担額以外の診療費について、診療報酬明細書(レセプト)を作成し、組合健保や協会けんぽ、国民健康保険などの保険者に診療報酬の請求を行います。

診療情報管理室

病院内にある診療などのビッグデータを管理する
  • 診療録記録管理、長期保管
  • 医療情報の分析と活用、情報公開
  • 診療録開示請求の手続き

診療情報管理室はカルテ管理・運用をするのが主な仕事です。カルテ情報を基準で定められたコードに沿って登録したり、登録情報を調査・分析することで、経営分析データの作成したり、院内の診療体制を円滑にします。

地域連携室

「医療」「介護」「予防」「住まい」「生活支援」が一体的に提供されることが望ましいとされる地域包括ケアシステム時代に、自院と他院・他施設をつなぐ役割
  • 地域医療機関の先生方、保健・福祉関連の担当の方々と連携を図り、医療を適切に提供できるための業務
  • 自院と他院、他施設をつなぐ部署
  • 患者様がスムーズに医療機関へ受診・入院できるように、医療機関から退院・転院ができるように、医療機関、介護施設をはじめ行政福祉に関わる多くの施設をつなぐ役割
  • 院内連携の推進部署としての役割

地域連携室は、「医療」「介護」「予防」「住まい」「生活支援」が一体的に提供される地域包括ケアシステムが円滑に機能するよう、グループ内外の様々な施設との橋渡し役を担います。
具体的には、地域医療機関の医師や保健・福祉関連の担当の方々と連携を図り、患者様が退院ないし転院しても、医療を適切に切れ目なく提供できるようにするた   めの調整等の業務が主な仕事です。

広報室

病院の医療実績、治療できる内容を地域の方々へ宣伝する重要な役割
  • 予防医療の普及を目的とした病院の公開医学講座の企画推進
  • ホームページの運営や管理業務(情報発信)
  • 病院機関誌の校正、発行
  • 各種病院パンフレットの作成
  • イベントの企画立案

広報室は、病院の医療実績や治療できる内容を、地域の方々に宣伝する重要な役割です。具体的には、予防医療の普及を目的とした公開講座の企画推進や、ホームページの運営や管理、病院機関紙や院内版のパンフレットの制作も行います。

情報管理室

患者様の命を守り、最適な処置を施すサポート役となるシステムを保守・管理するためにも、院内SEは欠かせない存在
  • 電子カルテや診療報酬の請求など「システムの保守・管理」
  • ユーザーからの問い合わせやトラブルに対応する「ヘルプデスク業務」

情報管理室の主な仕事は、病院内における医療機器を除く電子機器の管理です。
具体的には、電子カルテシステムの保守・管理、ユーザーからの問い合わせやトラブルに対応するヘルプデスク業務が主な仕事になります。

医師事務作業補助室

医師の業務負担軽減と円滑に医師が診療治療を行える体制をサポート
  • 診断書等の医療文書の作成補助
  • 診療録(カルテ)への代行入力
  • 医療の質の向上に資する事務作業
  • 行政などへの報告対応※医療文書の作成補助が主な業務

医師事務作業補助室は、一般的にメディカルクラーク(Medical Clerk)やエムシー(MC)と呼ばれ、医師が円滑に診療治療を行える体制をサポートします。診断書等の医療文書の作成補助が主な仕事になります。

医局秘書

患者様の命を守り、最適な処置を施すサポート役となるシステムを保守・管理するためにも、院内SEは欠かせない存在
  • 各診療科の医師のスケジュール管理
  • 学会の資料作成の手伝い
  • 一緒に働くスタッフへのサポートを主な仕事

医局秘書は、医師の集まる詰所(つめしょ)、いわゆる医局に所属しています。
医師のスケジュール管理や、出張時の発券手続きや宿泊先の手配、学会の資料作成の手伝いなど、医師の業務サポートを行います。

PAGE TOP

PAGE TOP