徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2020年(令和2年)4月27日 月曜日 徳洲新聞 NO.1233 三面

社徳 就職説明に新アプローチ
学生向けビデオ制作

過日の合同説明会で賑わいを見せる徳洲会ブース(薬剤部) 過日の合同説明会で賑わいを見せる徳洲会ブース(薬剤部)

一般社団法人徳洲会(社徳)は、事務職への就職を希望する学生と薬学生に向けた就職説明ビデオの制作を開始した。新型コロナウイルス感染拡大の影響により、これまで実施していた合同説明会などが中止となったことによる。

事務職説明会は3月以降、開けなくなったため、その対策として採用担当者が社徳広報部と協力し制作している。徳洲会グループの概要や事務職の仕事内容、待遇など説明するビデオを就職支援サイトにアップ、エントリーした学生に視聴してもらう。一次面接もWEB上で行う。

薬学生に対しては12月から就職支援会社主催の合同就職説明会などでアプローチを始め、3月から募集を開始、病院ごとに面接を行うというのが通常の流れだ。しかし、今年は3月から合同説明会の開催がなくなり、そこでの学生からのエントリーがなくなった。また、対面での面接ができないため、就職支援サイトを通じたエントリーに対しても、採用を進めることができなくなった。

そこで就職説明ビデオの制作を開始。薬剤部の高橋智部長は「徳洲会グループに興味をもっている学生は多く、徳洲会の理念などをしっかり理解したうえで応募していただきたいと考えています。どのように就職活動を進めていいか、迷っている学生へのニーズに応えていきたいです。一次面接をWEB上で行うことも検討しています」と積極的だ。

PAGE TOP

PAGE TOP