徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(令和元年)5月27日 月曜日 徳洲新聞 NO.1186 二面

地域の医師らと交流
東京西病院

出席者にあらためて決意を示す渡部院長 出席者にあらためて決意を示す渡部院長

東京西徳洲会病院は第4回地域連携懇談会を開いた。診療所医師をはじめ、地域の医療従事者約70人が参加。意見交換や情報共有を目的に交流を図った。渡部和巨院長による挨拶の後、特別講演を行い、同院の山本龍一・肝胆膵(すい)内科部長が登壇。「当院における胆膵内視鏡治療の実際」と題し、ERCP(内視鏡的逆行性胆道膵管造影)、胆道鏡「スパイグラスDS」、EUS(超音波内視鏡)について解説した。

飯島広和・外科部長は「急性腹症の診断と治療~当院の現状を踏まえて」をテーマに講演。急性腹症では鑑別すべき疾患が多く、病歴・身体所見が重要になることを指摘。「当院のER(救急外来)では、急性期症状のある患者さんに対し、迅速に診断できるよう心がけています。何かあれば当院に声をかけてください」とアピールした。

PAGE TOP

PAGE TOP