徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(令和元年)5月27日 月曜日 徳洲新聞 NO.1186 三面

友の会顧問が講演仲立ち
湘南厚木病院

医薬品について解説する高井薬局長(右) 医薬品について解説する高井薬局長(右)

湘南厚木病院(神奈川県)は4月3日、伊勢原市内で「くすりと健康 お薬を知ろう」をテーマに依頼講演を行った。講師は高井宏幸薬局長。同院健康友の会の浦田征夫顧問の仲立ちで実現した。

80代になる浦田顧問は同県内にある大和青洲病院の清水正法院長の患者さん。開会挨拶で、複数の疾患を抱えながら長年、清水院長の指導の下、治療に取り組んできたエピソードを紹介。「命を救ってくれたこれまでの恩返し」の意味を込め依頼講演実現にひと役買ったことを明かした。

高井薬局長は薬の飲み合わせやジェネリック医薬品など幅広く解説。終了後には活発な質疑応答を行った。同院総務課の岩壁秀夫副主任は「今後も情報発信・広報活動に力を入れ、地域から求められる病院づくりを目指します」と話している。

PAGE TOP

PAGE TOP