徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(平成31年)4月22日 月曜日 徳洲新聞 NO.1181 一面

地域がん診療連携拠点病院に指定
宇治病院
徳洲会グループで初めて

宇治徳洲会病院(京都府)は4月1日、厚生労働省から「地域がん診療連携拠点病院」に指定された。徳洲会グループ病院では初めて。これまで同院が立地する山城北医療圏、さらに南部の山城南医療圏には地域がん診療連携拠点病院がなかっただけに、地域のがん医療の向上が期待される。指定期間は4年間。末吉敦院長は「以前から、がん拠点病院の指定を取得したいと体制整備・強化を図ってきました」と明かし、「地域の方から“困った時には徳洲会”と思っていただけるように、今後も多様なニーズに応えられる病院づくりに努めます」と意気込む。

(写真右)宇治病院のがん医療を支える(後列左から)立入部長、末吉院長、柳田修史・診療情報管理室長、(前列左から)清水由希枝・看護主任(がん化学療法看護認定看護師)、立石るか看護師(がん看護専門看護師)、(写真左)放射線治療科のメンバー。左から奥西まり子看護師(専属)、上原愛樹・診療放射線技師、髙倉亨・診療放射線技師長(医学物理士)、河淵聡・放射線治療科副主任(診療放射線技師、医学物理士)、廣瀬知世・診療放射線技師、田嶋綾乃・放射線治療科副主任(診療放射線技師) (写真右)宇治病院のがん医療を支える(後列左から)立入部長、末吉院長、柳田修史・診療情報管理室長、(前列左から)清水由希枝・看護主任(がん化学療法看護認定看護師)、立石るか看護師(がん看護専門看護師)、(写真左)放射線治療科のメンバー。左から奥西まり子看護師(専属)、上原愛樹・診療放射線技師、髙倉亨・診療放射線技師長(医学物理士)、河淵聡・放射線治療科副主任(診療放射線技師、医学物理士)、廣瀬知世・診療放射線技師、田嶋綾乃・放射線治療科副主任(診療放射線技師)

2人に1人はがんにかかり、3人に1人はがんで亡くなる時代と言われるなか、国は全国どの地域でも質の高いがん医療が受けられる体制整備を進めている。その一環で、高度ながん医療を提供する病院を「都道府県がん診療連携拠点病院」、「地域がん診療連携拠点病院」、「地域がん診療病院」、「特定領域がん診療連携拠点病院」と類型を設け、それぞれに要件を定め指定。

ただし、従来の要件では拠点病院によって診療実績や体制にばらつきが見られることや、2018年度から新たながん対策推進基本計画がスタートしたことなどから、より質の高いがん医療体制を目指し、昨年8月に要件の厳格化を決定、4月から新たな要件下、がん医療の均質化をいっそう図っている。

今回、同院が指定を取得した地域がん診療連携拠点病院は、地域のがん医療をカバーするために、さまざまな医療機関などとの連携拠点となる病院。従来の二次医療圏単位から、都道府県が医療計画で定める“がん医療圏”単位で指定される。

放射線の検出器を用いて放射線の照射線量など検証作業を行う 放射線の検出器を用いて放射線の照射線量など検証作業を行う

要件は、①診療体制(集学的治療の提供体制および標準的治療の提供、専任の放射線診断や専従の放射線治療に携わる専門的な知識・技能を有する常勤医師の配置など)、②診療実績(年間の院内がん登録数500件以上、悪性腫瘍の手術件数400件以上、がんにかかわる薬物療法のべ患者数1000人以上、放射線治療のべ患者数200人以上、緩和ケアチームの新規介入患者数50人以上などをおおむね満たす)、③医療に係る安全管理(医療に係る安全管理を行う部門として常勤医師、専任の常勤薬剤師、専従の常勤看護師の配置など)――など多岐にわたり厳しい内容。全国の地域がん診療連携拠点病院325施設(4月1日現在)のうち、今回、厳格化された要件を満たした病院は宇治病院を含め140施設だった。

末吉院長は「中長期的な目標」のひとつとして、以前から同拠点病院の指定取得を構想。当時、すでに京都府がん診療連携病院の指定を受けていたが、地域の核となるため体制強化に努め、さらに新築移転もあり医療機器の充実や緩和ケア病棟の開設、専門職の確保・育成などに注力してきた。

「最大の懸念事項」(末吉院長)だった放射線治療件数も、17年に立入誠司・放射線治療科部長が入職し人員強化を図ると伸長。立入部長のネットワークや、患者さんを自宅まで送迎するなど病院のバックアップも奏功した。同年6月以降は、月間の放射線治療件数が大幅に増加し、今回の指定に結び付いた。

末吉院長は「散歩の途中で富士山を登る人はいないように、きちんと目標をもって取り組んだのが良かったと思います。指定取得のプロジェクトリーダーを務めてくださった立入先生に感謝しています」とねぎらった。

同院が救命救急センター、地域周産期母子医療センター、地域災害拠点病院、地域医療支援病院の指定を受けていることや、院内に介護老人保健施設、敷地内に特別養護老人ホームを併設し、在宅にも注力していることに触れ「いろいろなニーズに応えられるように、今後も職員皆で努力していきます」と力強く宣言した。

PAGE TOP

PAGE TOP