徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2018年(平成30年)11月12日 月曜日 徳洲新聞 NO.1159 二面

広報誌が創刊200号
―庄内余目病院

寺田院長(前列中央)を囲んで広報委員で記念撮影 寺田院長(前列中央)を囲んで広報委員で記念撮影

庄内余目病院(山形県)が発行する病院広報誌『あまるめ~る』が2018年10月号で創刊200号を達成した。同誌は02年3月創刊。以来、親しみやすい誌面づくりを目指しながら毎月欠かさず発行してきた。

記念となる200号は寺田康院長が執筆する巻頭連載「んだんだ!通信」に続き、原田眞樹・庄内町長や池田勝彦・同院健康友の会会長、鈴木隆夫・医療法人徳洲会理事長、瀧澤佐武郎・介護老人保健施設ほのか施設長(同院開設者)らがメッセージを寄せた。また特別記念企画として同誌の変遷や制作過程を紹介。

編集・制作業務を担う広報委員会の一員である遠藤豊喜・企画課長と山木順子・企画課職員は「病院広報誌として、患者さんに役立つ医療情報や当院の取り組みを優先して掲載しています。これからも信頼できる情報を地域に届け続けていきたい」と話している。

PAGE TOP

PAGE TOP