徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2017年(平成29年)8月14日 月曜日 徳洲新聞 NO.1095 三面

温泉旅館とタイアップ
脂質異常症テーマに講演
湘南厚木病院

医療講演を通じ地域への啓発活動に注力 医療講演を通じ地域への啓発活動に注力

湘南厚木病院(神奈川県)は地元の厚木市内の温泉旅館や厚木市観光協会とタイアップし、旅館を会場に医療講演を実施、地域への啓発活動に注力している。飯山温泉・七沢温泉地区に立地する複数の旅館が取り組む「健康づくり大学」という健康プログラムの企画のひとつとして行っている。

環境・運動・食事・温泉をキーワードとする同大学では、ノルディックウォーキング(2本のストックを手にして行う歩行エクササイズ)や旬の料理、温泉を楽しむイベントを毎年複数回開催。今年度分から同院が打ち合わせ段階から参画し、未病(病気に向かいつつある状態)対策の観点から各旅館と医療講演のテーマや食事のメニューを調整、管理栄養士が医療講演を実施するなど協力している。

7月19日に今年3回目を開催。七沢荘という温泉旅館で14人の参加者に向け、同院栄養室の林慎一郎副主任(管理栄養士)が「脂質異常症予防の食事」をテーマに講演。総務課の岩壁秀夫副主任は健診・人間ドックの案内を行うなど同院のピーアールに努めた。

参加者からは「中性脂肪が気になる年齢になってきたので参考になりました」など好評。岩壁副主任は「今後も地域に出向いて依頼講演を行い、地域から必要とされる病院づくりに力を入れたい」と話している。

PAGE TOP

PAGE TOP