徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2017年(平成29年)8月14日 月曜日 徳洲新聞 NO.1095 一面

第1回消化器がん研究会
参加者を大募集!
徳洲会オンコロジープロジェクト

徳洲会はオンコロジー(腫瘍学)プロジェクトの一環として、第1回消化器がん研究会を10月22日、都内で開催する。消化器がん診療のレベル向上のため、徳洲会は今年4月に消化器がん部会(代表:下山ライ・湘南鎌倉総合病院オンコロジーセンター長)を発足、研究会は同部会活動の柱のひとつだ。

第1回研究会ではASCO(米国臨床腫瘍学会)2017とESMO(欧州臨床腫瘍学会)2017から注目すべき内容を紹介。最新情報に触れる貴重な機会だ。

また、今回は消化管悪性腫瘍に対象疾患を絞った症例検討会を実施。テーマは、副作用や合併症による治療困難例など教育的示唆に富む薬物療法がともなう症例だ。しばしば遭遇する副作用や特殊な副作用への対策など臨床現場で参考となる内容の指定演題を準備中。加えて同プロジェクト事務局が現在、上記テーマ・趣旨に合致する演題を募集中で、応募演題の発表も予定する。

徳洲会グループで消化器がん診療に携わる医療従事者すべてが応募可能。応募の締め切りは9月11日で(演題の採択は主催者に一任)、研究会への参加は10月13日まで受け付ける。

さらに後半は昨今注目の「大腸がんのconversion therapy」をテーマとする招聘(しょうへい)講演も実施。Conversion therapyとは切除不能ながんを縮小させ切除可能とすることを目指す化学療法のことだ。

第1回消化器がん研究会

日時:10月22日(日)午後1時~(午後6時に終了)

会場:フクラシア八重洲(東京都中央区八重洲2-4-1)

プログラム:【午後1時~】●ASCO 2017レビュー(発表:下山ライ湘南鎌倉総合病院オンコロジーセンター長)、●ESMO 2017レビュー(発表:新津洋司郎・徳洲会オンコロジープロジェクト顧問)、●消化器がん症例検討会、【午後3時20分~】●招聘講演「大腸がんのconversion therapy~Triplet regimenの可能性~」(演者:佐藤康史・徳島大学消化器内科学特任教授)、●意見交換会

 

※ 参加無料。宿泊・交通費は各自負担。
申し込み・問い合わせは徳洲会グループオンコロジープロジェクト事務局(未来医療研究センター内 ☎ 03-3263-4801)まで。

PAGE TOP

PAGE TOP