徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

病気の治療

medical treatment

整形外科の病気:頸椎症性脊髄症

症状は上肢の痛みから排尿障害まで多様

頸椎の加齢による変形のために神経の通路(脊柱管)が狭くなり、脊髄が圧迫され障害が生じる病気です。

頸部から上肢の痛み、手足のしびれ、感覚鈍麻、筋力低下、手指の巧緻運動障害(箸が使いにくい、ボタンがかけにくい)、歩行障害(スムーズに歩けない)、排尿障害などの症状がみられます。

日常生活では後屈を避ける

単純X線で変形の程度や不安定性を評価し、MRIで診断の確定を行います。症状が軽い場合には内服、頸椎装具などによる保存的治療を行いますが、頚髄障害が進行し日常生活に支障がでた場合には手術が必要になります。手術法としては主に前方固定術や後方からの脊柱管拡大術が病気の状態に応じて選択されます。

日常生活では、頸部を後屈(後ろに反る姿勢)すると脊柱管がさらに狭くなり脊髄障害を悪化させる可能性があるため、後屈をできるだけ避ける必要があります。

PAGE TOP

PAGE TOP