徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

病気の治療

medical treatment

整形外科の病気:膝棚障害

外傷等による内側滑膜ヒダ炎症で痛み

膝関節を覆う袋である関節包に認めるひだ状の部分は滑膜ヒダと呼ばれています。このうち膝蓋骨の内側縁近傍に認める内側滑膜ヒダは関節鏡で見ると棚のようにみえます。この棚が大きいとき、スポーツや膝への外傷を契機として膝屈伸時に膝蓋骨(お皿の骨)と大腿骨の間に挟まったり、こすれたりして炎症を起こし痛みが生じるため棚障害といわれています。

スポーツによる膝へのストレスも原因

大きな棚を認める場合、スポーツなどで繰り返しストレスがかかったり、外傷を契機として症状を呈してくることになります。症状の現れ方としては、膝関節を曲げ伸ばしする際に内側に引っかかり感や違和感から強い痛みを呈してくることもあります。

屈曲伸展したときのコリッ、ポキポキ音に注意

徒手的に膝を屈曲伸展させたときに膝蓋骨内側あたりにコリッと音がしたりポキポキ音がしたり、痛みを生じることで推測されます。そしてMRI検査で棚が描出され診断されます。関節鏡において棚が膝屈曲伸展時に膝蓋骨と大腿骨に挟まっていることで確認できます。

内服や物理療法などでまずは保存的治療


図1 膝蓋大腿関節を横から見た図
局所安静や運動量を少なくすることや、消炎鎮痛薬内服や外用薬、超音波や温熱療法等の物理療法などにて保存的に治療を行います。
このような保存的治療でも疼痛が残存し、日常生活に支障をきたしたり、就労困難やスポーツ活動が困難な場合は手術療法が考慮されます。一般に関節鏡を用いて棚を切除して膝蓋骨と大腿骨との間に挟まりがないようにして痛みをとる方法です。

PAGE TOP

PAGE TOP