徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2020年(令和2年)3月16日 月曜日 徳洲新聞 NO.1227 一面

新型コロナ対策
WHO「パンデミック」宣言 徳洲会 最善策を策定へ

仙台徳洲看護専門学校の卒業式は、
卒業生の家族や在校生は出席せず仙台徳洲看護専門学校の卒業式は、卒業生の家族や在校生は出席せず

WHO(世界保健機関)は3月11日、新型コロナウイルスがパンデミック(世界的大流行)に相当すると発表した。その理由として、「過去2週間で中国以外での感染者数が13倍に増え、今後、さらに感染者や感染が確認される国の数が増えると予想される」と説明。各国にさらに感染拡大の防止に努めるよう求めた。

徳洲会感染管理部会は定期的にWEB会議を開き対応を協議、現在では市中感染を前提とした対応を迫られている。同部会は厚生労働省や国立感染症研究所、日本環境感染学会などの通知や指針に基づき、1月27日に「新型コロナウイルス感染症に関する対応について」と題する文書を徳洲会病院・施設に通知、以後3月2日付の第8報まで対応方針を提示している。

さらに、刻々と状況が変化していくなかで、あらためて徳洲会グループとしての具体的な対応方針を策定することを決めた。これはWHO、CDC(米国疾病管理予防センター)、厚労省、国立感染研および関連学会の指針をふまえ、グループとして最善の方法を検討したもので、近く公開する予定だ。

また、徳洲会では鹿児島徳洲会病院の新築移転地鎮祭、仙台徳洲看護専門学校の卒業式を、規模を縮小して開催。3月22日の湘南鎌倉医療大学の竣工式も来賓を限定し、神事のみの開催となる予定。さらに各病院・施設の新入職員入職式を中止する方針を決定。

PAGE TOP

PAGE TOP