徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2020年(令和2年)3月9日 月曜日 徳洲新聞 NO.1226 四面

Recipe46 特別編
お皿の上の健康 彩り良く冷めても美味しい
疲労回復や肌・髪の健康維持も

Recipe46 サケと鶏ささみのパン粉焼き~オーロラソース添え~

今号は徳洲会2018年度料理コンテスト東北ブロック病院部門で優勝した庄内余目病院(山形県)のメニューを紹介します。サケは消化・吸収が良いタンパク質をはじめ、美肌効果の高いアスタキサンチン、脂質の脂肪産生を抑える必須脂肪酸のDHA・EPAを豊富に含んでいます。DHA・EPAは中性脂肪を減らす働きがあるとも言われています。鶏ささみは低カロリー高タンパクで、ビタミンBの一種であるナイアシンが多く、疲労回復や消化器系・肌・髪の健康維持も期待できます。

冷めてもパサパサしない焼き上がりと彩りの良さから、味も見た目も美味しくいただける一品です。

材料(2人分)

サケ…………… 1切
鶏ささみ……… 2本
醬油…………… 小さじ1
みりん…………小さじ1/2
料理酒…………小さじ1/2
粉チーズ………小さじ1
ブロッコリー…100g
むきエビ………4個
ユズ……………1個

A
おろしショウガ…少々
小麦粉……………小さじ1
水………………… 大さじ2
パン粉…………… 計量カップ1/2杯

B
マトケチャップ…………小さじ2
マヨネーズ………………大さじ2.5
タマネギ(みじん切り…10g
塩………………………… 少々
コショウ…………………少々

つくり方

Step.1 サケの切り身は半分にし、鶏ささみは縦に開いてから横半分に切る。Aの調味料に漬けて下味を付ける。

Step.2 水溶き小麦粉にStep.1くぐらせて、粉チーズを混ぜたパン粉を付ける。

Step.3魚焼きグリルにホイルを敷き、サケと鶏ささみを並べ、上にもホイルをかぶせ火が通るまで焼く。かぶせたホイルをはずし、仕上げにパン粉に軽く焦げ目を付ける。

Step.4ブロッコリーは小房に分けて茹で、むきエビも茹でて冷ましておく。

Step.5あしらいにユズを半分に切って中をくり抜く。Bを混ぜてオーロラソースをつくり、ここにむきエビを和えユズの中に盛り付ける。

Step.6皿にサケと鶏ささみのパン粉焼きを並べ、付け合せにブロッコリーとユズに入れたオーロラソースを添える。

1pointアドバイス

榛原病院の(左から)宮川史乃・管理栄養士、榛葉啓美調理師 庄内余目病院(山形県)栄養管理室の菅原千鶴子主任(左、管理栄養士)と北田裕也副主任(調理師)

パン粉はできるだけ細かいものを使用すると、焼き上がりがサクっと香ばしく仕上がります。オーロラソースに混ぜるタマネギは水分を切って入れると水っぽくなりません。エビ、タマネギ入りのオーロラソースはパンに付けても美味しくいただけます。

PAGE TOP

PAGE TOP