徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(令和元年)10月14日 月曜日 徳洲新聞 NO.1206 三面

成田富里病院の健康祭 参加者2・5倍増

荻野院長もフェスに合わせ作成したTシャツを着
て講演 荻野院長もフェスに合わせ作成したTシャツを着て講演

成田富里徳洲会病院(千葉県)は9月1日、健康フェスティバルを開催した。昨年に続き2回目。
今回は、前回の約400人から2・5倍増の約1000人が来場した。

多くの方々が足を運んだ理由は企画の工夫。「公開医療講座」では、ふだんの医療講演で関心が高いテーマを選び、荻野秀光院長が「あなたに潜む血管の病気」、須田倫之・外科医長が「ソケイヘルニアについて」と題し講演した。また、前回は見られなかった子ども向けのコーナーを複数設けたり、手術室の見学では、電気メスを使用し豚肉を焼き切る“体験型”に変えたりした。

地域との交流を深める企画も増加。地元の公津の杜中学校吹奏楽部56人や富里高等学校OB・OG中心のジャズオーケストラバンドなどを招き、演奏してもらった。

これらの取り組みが奏功し、当初見込んでいた700人を大幅に上回る方が参加した。実行委員を務めた総務課の林峰子職員と菅野千鶴職員は口をそろえ「参加者数を倍にする、を合言葉に準備を進めました。試行錯誤の連続でしたが、達成感が得られ、やって良かったです」と目を輝かせた。

PAGE TOP

PAGE TOP