徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2018年(平成30年)2月12日 月曜日 徳洲新聞 NO.1120 一面

徳洲会乳がん部会
引き続き参加者募集!
3月に第3回乳がん研究会

徳洲会乳がん部会は3月3日、グループ全体の乳がん診療のレベル向上を目指し、徳洲会オンコロジー(腫瘍学)プロジェクトの一環として、第3回乳がん研究会を開催する。医師に加え看護師、薬剤師、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、歯科衛生士など多職種のスキルアップが重要なため「乳がんのチーム医療」をメインテーマに掲げた。

今回、初となる症例検討会(8演題)と、乳がんレクチャー(2演題)を実施予定。症例検討会の演題は応募多数につき募集を終了。多職種から周術期口腔(こうくう)ケアや線維腺腫、分子標的薬であるPalbociclibの症例報告、薬物療法にともなう皮膚障害など幅広い演題がそろった。参加者については引き続き募集中(申し込み締め切りは2月23日)で、乳がん診療に携わる徳洲会のすべての医療従事者が対象。

第3回 乳がん研究会

日時: 3月3日(土)午後1時半~
会場: フクラシア丸の内オアゾ会議室Ⅰ(東京駅丸の内北口徒歩1分・丸の内北口ビル15階)
プログラム: ●徳洲会乳がん症例検討会●乳がんレクチャー「乳房超音波におけるカラードプラ法の実際と微小石灰化病変のtwinkling artifact」、「乳がん治療の進歩とビックデータの活用」

これからの乳がん治療を考える会(他団体が主催)

午後4時半から同ビル別室で「EMT(上皮間葉転換)を考慮した乳がん治療」をテーマに、藤田保健衛生大学医学部乳腺外科の内海俊明教授が講演。大垣徳洲会病院(岐阜県)の間瀬隆弘院長(乳がん部会長)が座長を務める。

※ 参加無料。宿泊・交通費は各自負担。申し込み・問い合わせは徳洲会グループオンコロジープロジェクト事務局(未来医療研究センター内 ☎ 03-3263-4801)まで。

PAGE TOP

PAGE TOP