徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2015年(平成27年)8月3日 月曜日 徳洲新聞 NO.991 四面

成田富里徳洲会病院
新規開設の概要紹介

地域から救急医療に期待

地域の救急医療の核となることを誓う白部院長 地域の救急医療の核となることを誓う白部院長

9月1日オープンする成田富里徳洲会病院(千葉県)の白部多可史院長、瀬戸美佐子・看護部長、谷河光範事務長が新病院の概要を紹介した。

まず、谷河事務長が同院の強みと弱み、機会(チャンス)、脅威をそれぞれ分析。同院は成田国際空港から1駅、最寄りの「京成成田」駅から徒歩6分、駅前大通りに面する交通至便の場所に立地。ただ、とくに朝の通勤時間帯に交通渋滞を悪化させない配慮が必要とした。

グループ病院のサポートに謝意を示す瀬戸・看護部長 グループ病院のサポートに謝意を示す瀬戸・看護部長

最大のチャンスは国際空港に近く、将来的にも人口増加が見込まれること。また、開院当初から医師会に加入でき、救急医療はじめ地域医療に積極的に参画できることなど。谷河事務長はこれら内外の状況をふまえ、最適な病院運営を行いたいと語った。

瀬戸・看護部長は看護部のスタート時の体制や取得予定の施設基準などを紹介した。開院後、できるだけ早期に回復期リハビリテーションや通所リハビリ、訪問看護などに力を入れていく方針。また、開院をサポートしている徳洲会グループ病院に、心からの謝意を述べていた。

新病院の分析を解説する谷河事務長 新病院の分析を解説する谷河事務長

白部院長は各診療科の体制や治療方針について解説。白部院長の専門である消化器科については内視鏡検査と治療の充実を図り、内視鏡下手術など低侵襲治療に注力することを強調。さらに、国際空港が近く外国人がアクセスしやすい立地であることから、メディカルツーリズムにも注力する方針を打ち出した。

同院は地元の印旛市郡医師会に加入済みだが、加入の際、救急医療への貢献を期待する旨の通達があったことを披露し、「救急対応可能な診療科を増やし、当地区の救急医療の核となることを目指します」と、白部院長は力強く誓っていた。

8月22~23日に内覧会

成田富里病院は8月22日から2日間、内覧会を開催する。両日とも午前10時~午後3時まで。「明るく開放的な気持ち良い病院です。ぜひオープン前に一度、見に来てください」と谷河事務長は呼びかけている。

京成成田駅より徒歩6分/JR成田駅より徒歩8分
千葉県富里市日吉台1-1-1 ☎ 0476・93・1001

PAGE TOP

PAGE TOP