徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2021年(令和3年)8月23日 月曜日 徳洲新聞 NO.1301 四面

医介川柳 選・井上優

一 検査後の 医者の笑顔に 安堵(あんど)する
(鹿児島県・石さと子93歳)

二 家飲みも 閉店時間 午後八時
(北海道・村上軍時83歳)

三 デイケアに 三年過ぎて 回復期
(沖縄県・高良秀光71歳)

四 通院し またもや食べる 好きな物
(鹿児島県・日髙節子85歳)

五 二回目の ワクチン終えて 安堵する
(鹿児島県・弓削照文85歳)

一、医療はテクノロジーだけではなく、「仁術」ですね。プラセボ効果を超え、お医者様の愛情も良薬です。 二、奥様、厳しいですね。開店休業でないだけ、ありがたいと思うべきでしょうか? 三、デイケアでリハビリを頑張られたのでしょうか? 回復期から回復されることをお祈りします。 四、好きな食べ物は、なかなか止められません。健康を取るか、生きがいを取るか悩ましいところですね。 五、デルタ株が拡大し、まだ安心はできないようですが、医療関係の方々のご尽力は多大ですね。一日も早い終息を願っています。

投句募集

住所、氏名、年齢、職業を明記のうえ二句を一般社団法人徳洲会広報部「医介川柳」係まで(〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1東京堂千代田ビル14階)

PAGE TOP

PAGE TOP