徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2020年(令和2年)11月30日 月曜日 徳洲新聞 NO.1264 二面

コロナ陽性患者さんに飲料や菓子類など寄贈
神奈川徳友会

神奈川徳友会の吉岡会長らが臨時医療施設を訪れ物資を寄贈神奈川徳友会の吉岡会長らが臨時医療施設を訪れ物資を寄贈

神奈川県内にある徳洲会病院・施設の協力企業で組織する神奈川徳友会は10月16日、湘南鎌倉総合病院(神奈川県)が運営管理する県の臨時医療施設に入院中の新型コロナ陽性患者さんに、飲料や菓子類などを寄贈した。

患者さんは外出が制限され、施設内には感染対策のため自動販売機も設置していないことから、看護師が代理で買い物を行い提供。こうした状況を受け同会鎌倉支部が同院に差し入れを提案し実現した。「コロナ禍のなか、神奈川徳友会として患者さんや病院に協力できることを模索していました」(和田博樹・同支部長)。11月10日に2回目の寄贈を行うため、同会の吉岡貞朗会長らが訪れた。寄贈は来年3月まで続ける。

同院の芦原教之事務長は「患者さんのストレス軽減と職員の負担軽減がともに叶うご支援をいただき、地域とのかかわりの大切さをあらためて実感しました」と謝意を表している。

PAGE TOP

PAGE TOP