徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(平成31年)1月21日 月曜日 徳洲新聞 NO.1168 一面

名瀬病院
院外産科救急の処置学ぶ
BLSO in 奄美2018開催

名瀬徳洲会病院(鹿児島県)は「BLSO in 奄美 2018」を開催した。会場は鹿児島県立大島病院救命救急センター。BLSO(Basic Life Support in Obstetrics)は病院外での産科救急の処置法を学ぶトレーニングコースで、奄美群島での開催は今回で7回目。奄美大島内の救急救命士や救急隊員、看護師ら計23人が受講し、講義や、リアルなマネキンや胎盤モデルを用いた演習を通じ、病院外での分娩(ぶんべん)介助、新生児蘇生、女性傷病者の評価などを学んだ。与論徳洲会病院(同)を会場に「与論BLSO」も開催されている。

「奄美群島出身のインストラクターを増やしていきたい!」と小田切部長 「奄美群島出身のインストラクターを増やしていきたい!」と小田切部長

BLSOは産科救急の患者さんに遭遇する可能性がある救急隊員や看護師、救急医、総合診療医などを主な対象として開催されている。筆記試験と実技試験に合格すると、米国家庭医学会とALSO Japan から5年間有効な認定証を受けることができる。

産科医や分娩施設の不足は全国的な課題だ。医療資源の少ない離島・へき地では、より深刻な状況となっているのが現実。こうしたことから産科以外の医療スタッフや救急隊員も、分娩を含む産科救急の場面に遭遇した際に的確な対応を行い、妊産婦さんや新生児の死亡・後遺症を防ぐためのスキルを身に付ける重要性が高まっている。

救急救命士や救急隊員、看護師が参加 救急救命士や救急隊員、看護師が参加

2018年12月2日に開催された「BLSO in 奄美 2018」で講師を務めたのは、石川県や東京都、沖縄県、大阪府など鹿児島県内外から集まった産婦人科医や救急科医、救急救命士、看護師、助産師。インストラクターやキャンディデイト(インストラクター候補者)、アシスタントといった資格を有する。

今回は奄美群島で初めて、通常の受講者向けに開催するプロバイダーコースに加え、プロバイダーコースでの講師の担い手を育成するインストラクターコースを、前日の12月1日に開催した。

インストラクターを養成 奄美群島出身増やしたい

演習にも熱が入る(写真は分娩介助の様子) 演習にも熱が入る(写真は分娩介助の様子)

プロバイダーコースディレクターを務めた名瀬病院産婦人科の小田切幸平部長は「今回のインストラクターコースで、8人のアシスタントがキャンディデイトに昇格しました。今後、奄美群島出身のインストラクターを増やし、奄美群島内からも、できるだけ講師を輩出していきたい」と人材育成にも注力していく意向だ。

続けて「母子の生命にかかわる1分1秒を争うのが産科救急です。迅速で適切な対処に加え、救急隊員と医療機関との間でのスムーズな情報伝達が欠かせません。これまで数回開催してきた奄美大島や徳之島では、医療スタッフ・救急隊員のスキルの向上を感じます」と手応えを示す。

12月2日のプロバイダーコースでは、まず「分娩介助」をテーマに、分娩介助手技や臍帯(さいたい)切断、胎盤娩出(べんしゅつ)、分娩後大出血、肩甲難産(胎児の頭部が出た後、前の肩[前在肩甲]が母体の恥骨にひっかかって娩出困難になること)の対処法などを学んだ。

演習では「娩出後に新生児が落ちないよう、頭から手を離さないでください」、「出産後は時間と場所を確認するようにしてください。救急車内で出産した場合も必ず住所を確認し記録してください」といったアドバイスが飛んだ。

次に「新生児蘇生」では、新生児を模した人形を用い、新生児蘇生法アルゴリズムに基づき、蘇生の初期処置(保温、体位保持、気道開通、皮膚乾燥、刺激)や、呼吸・心拍の評価、バッグバルブマスクによる人工呼吸、胸骨圧迫、酸素投与などを習得。

続いて「女性傷病者の評価」をテーマに、女性傷病者の観察や妊婦外傷への対応、妊婦の心肺蘇生などを学んだ。インストラクターは「女性に処置を行う際は診察時にプライバシーを確保し、本人の同意を得てから開始してください」、「妊婦の心肺蘇生法は一般成人の救命処置に準拠するのが原則です」などポイントを解説。

また、大島病院の救急車を用いて、救急車内分娩の対応などに関しても受講者はレクチャーを受けた。

この後、学んだことを振り返り、適切な情報伝達ができるかどうかを確認するため、いくつかのシナリオに沿った症例検討を実施。患者・家族役に扮したキャンディデイトからの電話を受講者が受け、搬送先に伝えるべき情報を聞き出したり、必要な処置を検討したりした。

最後に筆記試験と実技試験を実施、受講者全員が無事合格。

「喜界島では空港での出産事例もあったと聞いています。今後も奄美群島内で定期的に開催していきたいと考えています」と小田切部長は展望を語っている。

受講した大島病院の坂口有希子看護師は「これまで分娩介助など経験したことがありませんでしたが、実際の事例に遭遇したら今回学んだことを生かしたいと思います」と意欲的。大島地区消防組合龍郷消防分署の栁昭栄・救急救命士は「産科救急の事案に対応する際の自信をつけることができました。リアルな人形などを用いた演習によりイメージをつかむことができました」と充実した表情を浮かべる。

大島地区消防組合笠利消防分署の泉成海・救急隊員は「成人とは異なる新生児の蘇生法など学ぶことができ、とても勉強になりました」と話している。

奄美群島でのBLSO開催状況

開催年月 主催 会場
2012年 12月 名瀬徳洲会病院 奄美大島(名瀬徳洲会病院)
2013年 6月 NPO法人親子ネットワークがじゅまるの家 徳之島(徳之島町保健センター)
2014年 2月 名瀬徳洲会病院 奄美大島(大島支庁)
2015年 3月 名瀬徳洲会病院 徳之島(農協会館)
2016年 9月 徳之島の将来の医療と福祉を考える会 徳之島(天城町保健センター)
2018年 11月 NPO 法人親子ネットワークがじゅまるの家 与論島(与論徳洲会病院)
2018年 12月 名瀬徳洲会病院 奄美大島(鹿児島県立大島病院)

PAGE TOP

PAGE TOP