徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2018年(平成30年)10月22日 月曜日 徳洲新聞 NO.1156 二面

徳田・群星沖縄臨床研修
センター長を迎え勉強会
湘南鎌倉病院

徳田センター長(前列左から3人目)と記念撮影 徳田センター長(前列左から3人目)と記念撮影

湘南鎌倉総合病院(神奈川県)は8月29日、院内で総合診療科医の徳田安春・群星沖縄臨床研修センター長を迎え、内科カンファレンス(勉強会)を実施した。青木亮介・初期研修医1年目と磯部輝紀・初期研修医1年目がそれぞれ症例発表。これに対し徳田センター長が現病歴を追いながら考えるべき鑑別疾患のポイント、検査項目の読み方など解説を加え、参加者は理解を深めた。

湘南鎌倉病院の北川泉・総合内科部長は「今後も優れた臨床医と触れ合う機会をつくり、研修医に新鮮な気持ちを感じてもらえるようにしたい」と展望。

青木研修医は「徳田先生は、私の思いつかないようなアプローチで指摘され、勉強になりました」、磯部研修医は「多くの患者さんを診られてきたからこそ、鑑別疾患の指摘ができるのだと思います。自分も負けないように頑張ります」と意気込みを見せた。

PAGE TOP

PAGE TOP