徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2017年(平成29年)7月24日 月曜日 徳洲新聞 NO.1092 一面

湘南藤沢徳洲会病院
JMIP認証取得
徳洲会グループ7病院目

「外国人患者さんの受け入れを推進していきます」と宗像院長(右)、中津川副主任 「外国人患者さんの受け入れを推進していきます」と宗像院長(右)、中津川副主任

湘南藤沢徳洲会病院(神奈川県)は、外国人患者受入れ医療機関認証制度(JMIP)の認証を取得した。JMIPは国際的に高い評価を得ている日本の医療サービスを、外国人が安心・安全、円滑に受けられる体制の構築を推進するために設けた第三者認証制度。認証を得るには多言語対応の体制整備、患者さんの宗教・習慣の違いを考慮した対応など条件を満たす必要がある。同院は5月22日に認証を取得、徳洲会グループで7施設目。

同院は2015年4月に国際医療支援室を開設し、外国人患者さんを受け入れる体制の整備に注力してきた。同室スタッフが英語、ドイツ語に対応できるほか、電話医療通訳サービスやiPadなどタブレットを利用したリアルタイム通訳サービスで、英語、中国語、韓国語、ロシア語、タイ語、ヒンディー語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語、フランス語に対応。

同院は昨年10月、各部門の現場職員15人をメンバーとするJMIP会議を月1回の頻度で開催するなど準備を進めた。部署ごとの外国人患者さんへの対応マニュアルを整備・周知したり、通訳サービスの院内利用マニュアルを策定し、スタッフ向けに説明会を開催した。

徳洲会グループのJMIP取得病院

病院名 所在地
湘南鎌倉総合病院 神奈川県鎌倉市
千葉西総合病院 千葉県松戸市
札幌東徳洲会病院 北海道札幌市
岸和田徳洲会病院 大阪府岸和田市
南部徳洲会病院 沖縄県島尻郡八重瀬町
東京西徳洲会病院 東京都昭島市
湘南藤沢徳洲会病院 神奈川県藤沢市
同院国際医療支援室の中津川恵副主任は「日本在住の外国人患者さんの受診増に加え、当院は昨年8月にJCI認証(国際的な医療機能評価)を取得、医療の質や患者安全に関する世界共通の高い基準をクリアしました。これにより海外からの外国人患者さんの増加も見込まれることから、JMIP認証を取得しました。認証取得を目指す過程で院内の整備を進めたいという狙いもありました」と経緯を明かす。

外国人患者さんへの満足度アンケートの結果や現場の声を吸い上げながら、今後改善を図っていく方針だ。

宗像博美院長は「丁寧な説明や接遇に力を入れながら、医療ツーリズムを含めて外国人患者さんの受け入れを推進していきます。国際交流や日本経済の活性化の一助という意味でも重要な取り組みと捉えています」と意気込みを見せている。

PAGE TOP

PAGE TOP