徳洲会グループ 病院一覧

各種お問合せ

見学会・募集要項・他

医療法人 徳洲会
沖永良部徳洲会病院

この病院への応募・資料請求はこちら


念願の新築移転を実現
台風・塩害に強い病院へと生まれ変わる

平成29年12月1日、当院は新しい病院での業務をスタートしました。離島の病院の中で先陣を切っての建替えです。毎年襲来する台風の影響でシミやカビの生えた壁や天井が見違えるように真っ白に光沢を放ち、8人床から4人床へと療養環境が格段に良くなりました。利用して頂く地域住民の顔にも笑顔がこぼれます。島に一つしかない病院として生まれた当院も28年の歳月を経て島民にとってなくてはならない病院となりました。これからの私たちには、生まれ変わった病院の機能をどのように島民に提供し、島民のトータルヘルスケアの向上につなげていくのか、そしてこの病院を次世代に残していかなければならいという大切な役割が課せられます。「うや(親)ぬ な(産)しうかぎ」です。私たちを育ててくれた地域の住民に心を込めて恩返しをしていきます。

<応援者からのコメント> S.Yさん
島ならではの看護体験をすることができ、看護師としても人としても貴重な時間を過ごすことができました。島での生活に不安はありましたが仕事場の方々のサポートはもちろん、島民の温かさに触れ、仕事もプライベートも楽しく過ごすことができました。島での体験は私の宝物です。

<新人ナースのコメント>A.Kさん
この島の医療における最後の砦であり、出生から看取りまで幅広く触れることができ、とても刺激を受けています。その分大変なこともありますが、優しい先輩方やあたたかい環境のおかげでとても楽しい日々を送っています。

島で唯一お産が出来る施設。離島では珍しい産婦人科と小児科の先生が常勤医としています。どちらも一般病棟で対応するために孫の誕生を入院中に見ることもあります。赤ちゃんの泣き声を聞きながら高齢者のケアをする。まさに「ゆりかごから終焉まで」さまざまな患者さまの看護を担っています。

2016.10 第31回配信 沖永良部島編

1990年にグループ2番目の離島病院として開院した沖永良部徳洲会病院は「健康と生活を守る病院」の理念のもと、1万3千人の島の医療に邁進してきました。老朽化の目立つようになった病院は2017年12月の開院を目指し新築移転することになりました。新病院への思いを渡慶次賀博院長に伺うとともに、島の医療の実際についてリポートしていきます。

基本情報

郵便番号
〒891-9213
住所
鹿児島県大島郡知名町瀬利覚2208
電話番号
0997-93-3000
開設
平成2年5月
院長
渡慶次 賀博
病床数
132床(一般病棟 60床 / 医療介護 72床)
診療科目
内科(総合診療) 外科 産婦人科 小児科 リハビリテーション科 眼科 精神科 神経内科 糖尿・メタボリック外来 心療内科 腎臓内科 皮膚科 整形外科 泌尿器科 大腸・内視鏡検査
関連施設
グループホーム岬
グループホームゆりの郷
ホームページ
https://erabu.tokushukai.or.jp/

募集要項

詳しい募集要項は、病院ホームページ内看護部募集要項をご参照下さい。
(別ウィンドウで開きます。)

https://erabu.tokushukai.or.jp/recruit/nurse/

募集職種
看護師
勤務場所・部署
病棟など
応募条件・資格
有資格者または資格取得見込者
給与
当法人規定による 委細面談
勤務時間・体制
2交替制
日勤 8:30〜17:00
夜勤 16:30〜9:00

沖永良部徳洲会病院

下記よりご希望の病院を選択して下さい。

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 開院予定病院
- 北海道地方
- 東北地方
- 関東地方
- 中部地方
- 近畿地方
- 中国・四国地方
- 九州地方
- 離島・沖縄地方

一般社団法人 徳洲会 〒102-0074 東京都千代田区九段南1-3-1 東京堂千代田ビルディング14F
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.