徳洲会グループ 看護部

トラベルナース 英語タイトル

トラベルナース 英語タイトル

トラベルナースについて

ワークスタイル、ライフスタイルに少し変化を

今の働き方を少し変えてみたい、あなたの看護スキルを必要とされているところで働いてみたい、全国の知らないまちでの暮らしを体験してみたい、離島僻地の医療に貢献したい、シティライフを経験したい、あなたが探している求人、募集情報を紹介します!

トラベルナースをご存知ですか?

日本ではまだ浸透していない「トラベルナース」。
実はアメリカでは25年以上もの実績がありトラベルナース人口は約40万人。1980年代の看護師不足への対応のひとつとして地方~大都市を移動する形で通常13週間(12週間+1週間のトレーニング)のプログラムの勤務として設定されています。

『好きな時に』 『好きな場所で』 『自分の仕事を』 といった個人のライフサイクルを重視できる雇用形態として広まりました。

施設の求人募集状況にあわせて、北海道から沖縄まで勤務地を選ぶことが可能!トラベルナース手当として70,000円/月が支給されます。

離島や僻地での看護や生活を体験してみたい方、専門性を高めたい方など、トラベルナースのシステムであれば常勤職員で希望を叶えることが可能になります。(赴任に伴う交通費、引越し費用(上限あり)は負担いたします)

トラベルナースの制度について

徳洲会グループの運営する病院において、1年の期間内で6ヶ月以上の勤務をしていただく条件のもと勤務先を選択できる制度です。全国に病院を展開している徳洲会グループだからこそできるトラベルナース制度です。

皆さんの専門職としての資格や経験を生かしながら、プライベートの充実、そしてご自身のレベルアップなど、あなたのライフサイクルを大切にできるこのシステムをぜひご活用ください。

※トラベルナースでの赴任先は募集病院一覧を参照下さい。施設の求人募集状況により 変わります。トラベルナース徳洲会と相談の上、赴任先を選んで頂けます。

応募から就職までの流れ

Step1 応募

応募フォームにて応募

矢印

Step2 東京本部よりメールにて希望病院を相談

希望病院の決定

矢印

Step3 希望病院看護部長より連絡

履歴書の送付、面談の日取りの決定

矢印

Step4 採用通知

赴任先や引っ越し準備を案内

矢印

Step5 赴任

病院と周辺の新しい環境を楽しんでください。

労働条件について

  1. トラベルナース期間は最大1年間です。期間中または期間終了後、一般職員へ勤務形態の変更が可能です。
  2. 勤務する病院に所属する正規常勤職員となります。
  3. 労働時間、休日等の労働条件は、すべて就業規則に定めるところによります。
  4. 採用の日から勤続年数に通算され、退職金支給の対象となります。
  5. 基本給・諸手当については、給与規程に定めるところによります。加えて次のトラベルナース手当が支給されます。
    【トラベルナース手当】
    a.保健師・助産師・看護師:70,000円/月
    b.准看護師:50,000円/月
  6. 昇格については対象外です。
  7. 賞与の支給については対象外です。

赴任先の決定に関して

  1. ご本人と相談の上、赴任先を決定します。指定する病院の中から、希望する病院での勤務が可能です。

入職に際して

  1. 採用内定後の手続きは、赴任先施設の案内に従って下さい。
  2. 赴任先施設の看護師宿舎(基本的な設備付)をご用意します。但し、所定の賃料(宿舎により異なる)が必要となります。
  3. 赴任に伴う本人旅費及び移転料(引越し費用)の支給については「引越しを伴う新規入職トラベルナースの赴任費用に関する規程」(別紙)に定めるところによります。

転勤に際して

  1. 1病院につき6ヶ月勤務後、指定する病院の中から希望する病院への転勤が可能です。
  2. 他院への転勤を希望する場合は1ヶ月前までに所属する看護部長に申し出て下さい。
  3. 転勤手続きについては所属施設の案内に従って下さい。
  4. 赴任に伴う本人旅費及び移転料(引越し費用)は、規程により赴任先施設が支給します。

退職に際して

  1. 職を希望する場合は、1ヶ月前までに所属する看護部長まで申し出て下さい。
  2. 退職の手続きは所属施設にて行います。所属施設の案内に従って下さい。
  3. 退職金は規程により3年以上継続勤務し所定の手続きを経て円満に退職したときは支給されます。

退職に際して

  1. 期間は最大1年間です。
  2. 期間中または期間終了後、一般職員へ勤務形態の変更が可能です。希望される方は看護部長に申し出て下さい。