徳洲会グループの原点?

徳洲会グループの基本理念

徳洲会の創始者徳田虎雄は、1938(昭和13)年、兵庫県高砂市で生まれました。2歳の時に両親の故郷である、奄美群島の徳之島(鹿児島県)に移住。そこで3歳の弟が急病に倒れたときの経験が、彼の人生を大きく左右します。

当時の徳之島には、満足な医療ができる施設や設備はありませんでした。一刻を争う急病人や、本州まで行く費用がない島の人々にとって、病気は命を落とす事態に直結したのです。 弟が急変し、当時小学3年生だった虎雄は往診を頼むために、夜道を駆けて村の医者を訪ねました。しかし医者はすぐには動いてくれず、弟は息を引き取ってしまいます。

この時虎雄は「医師は急病人であれば、何があっても診るべきだ。どんな人であろうと助けるのが医師の役目だ。それなら自分が医師になろう。そして多くの急病人や困った人を助けよう」と強く誓ったといいます。

その後、一念発起して大阪の高校に転校した虎雄は、二年の浪人生活を経て大阪大学医学部に入学。家庭教師や肉体労働などのアルバイトを続けながら、医者をめざして勉強に励みますが、そこで見たものは、当時の医療現場では黙認されていた数々の現実でした。

農村・離島の医師不足、当時の公立病院による急病人のたらい回し…。それらが当たり前のように行われていた業界の常識を破って、虎雄は「いつでも、どこでも、誰でもが最善の医療を受けられる病院」の設立を決意します。それが「休日、夜間の急病救急医療体制」を始め、患者さんと同じ視点から数々の画期的方針を打ち出した、徳洲会グループの原点なのです。

徳洲会について

関連リンク

徳洲会グループホームページへ

page top
徳洲会について
- グループ理念・理事長メッセージ
- 徳洲会ってどんなところ?
- 徳洲会グループの原点
- 徳洲会グループの成り立ち
- 海外ネットワーク
看護部のご紹介
- 看護部 概要
- 看護部 特徴
- 徳洲会グループの取り組み
- 教育プログラム
- スタッフメッセージ
看護師を目指す方へ
- 募集要項
- 奨学金制度
- 福利厚生
- 先輩ナースのメッセージ
- 助産師募集
- 看護部情報誌「徳看マガジン」
- 高校生から進む 看護職への道
施設一覧
- 開院予定病院
- 北海道地方
- 東北地方
- 関東地方
- 中部地方
- 近畿地方
- 中国・四国地方
- 九州地方
- 離島・沖縄地方

一般社団法人 徳洲会 〒102-0083 東京都千代田区麹町3-1-1 麹町311ビル8階
TEL:(03)3262-3133
Copyright(C)Tokushukai All Rights Reserved.