徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

病気の治療

medical treatment

産婦人科の病気:卵巣がん

大きくなると10cmを超えることも

卵巣は子宮の左右に1つずつあり、通常では2~3cmぐらいの大きさです。卵巣の内部には、卵胞(らんほう、らんぽう)と呼ばれる構造が多数あり、それぞれ1つずつの卵細胞を包んでいます。卵細胞は定期的に卵巣から排出されますが、これが排卵と呼ばれます。ここに発生した腫瘍が卵巣腫瘍です。腫瘍は良性、境界悪性、悪性に分けられますが、悪性の卵巣腫瘍が卵巣がんです。大きいものでは10cmを超えることもあります。卵巣がんにはさまざまな種類がありますが、その発生起源から表層上皮性・間質性腫瘍、性索間質性腫瘍、胚細胞腫瘍などに大別されます。




小さいうちは無症状で経過

卵巣がんの症状には腹部膨満感(お腹が張って苦しい)、下腹部痛などがありますが、小さいうちは無症状で経過することが多く、大きくなったり腹水がたまったりしてから症状が出現することが多いです。時に卵巣がんが破裂したり、茎捻転といって卵巣がんがお腹の中でねじれてしまうと突然の強い下腹部痛が出現することもあります。

ふくろ状の腫瘍の多くは良性疾患

診断の手順としては問診に続き、まず触診・内診と超音波検査が行われ、卵巣腫瘍の有無を診断します。超音波検査により腫瘍が嚢胞性(ふくろ状)の場合の多くは良性腫瘍ですが、充実性部分(かたまりの部分)と嚢胞性部分が混在する場合や全体が充実性の場合などでは悪性腫瘍や境界悪性腫瘍を疑います。さらに、詳しく調べる必要があると判断された場合、CT検査、MRI検査、腫瘍マーカーの測定、そして腹水が多く穿刺して採取ができる場合は腹水細胞診検査も行われます。胃がんや大腸がんが卵巣に転移して卵巣が腫大することもあるので胃カメラや大腸カメラを行うこともあります。担当医はこれらの結果から総合的に良性腫瘍なのか悪性腫瘍や境界悪性腫瘍なのかを判断しますが、最終的には手術で摘出した腫瘍の病理組織検査によって診断が確定します。

卵巣がんの拡がり等により術後化学療法を検討

治療は手術療法が原則であり、卵巣がんの場合、その多くは術後に抗がん剤による化学療法が必要となります。卵巣がんの場合、子宮、両側の卵巣・卵管、大網(胃と大腸の間の膜)を切除することが基本となりますが、それに加えてリンパ節の摘出や腫瘍の拡がりによっては腸管や腹膜などの合併切除が必要となることがあります。ただし、境界悪性腫瘍や悪性腫瘍であっても、その種類や拡がり(進行期)によっては健常側の卵巣・卵管や子宮を温存することが可能な場合がありますので、以後の妊娠・出産を希望している方は、担当医とよく相談してください

卵巣がんはその種類と拡がり(進行期)により術後化学療法の必要性や抗がん剤の種類などが決まってきます。卵巣がんの90%以上は上皮性・間質性腫瘍(上皮性卵巣がん)に分類され、若年者を中心に発症する胚細胞腫瘍は数%程度みられます。上皮性卵巣がんの場合の術後化学療法はタキサン製剤(パクリタキセルなど)とプラチナ製剤(カルボプラチンなど)を用いることが一般的で、ごく初期を除き、病気の進み具合(進行期)や顔つき(組織型)によって、3~4週間隔で、3~6コースの治療を行います。手術に引き続きこの化学療法を受けた場合の5年生存率はI期(卵巣に限局)で約90%、II期(骨盤内臓器に限局)で約70%、それ以上に進行しているIII・IV期では約30%です。

PAGE TOP

PAGE TOP