徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

病気の治療

medical treatment

消化器内科の病気:腸閉塞(イレウス)

腸管の内容物がつまる病気

腸閉塞とはさまざまな原因で腸管の内容物がつまり、肛門側に移動できなくなった状態のことをいいます。症状としてはおなかの痛みや吐き気、おなかが張ってガスや便が出なくなるなどの症状があります。おなかの痛みは激痛が起きる場合と起きない場合があります。

機械製腸閉塞と機能性腸閉塞に分類

腸閉塞には腸管の内容物が物理的に通過できなくなる機械性腸閉塞と、腸管の血流や神経の障害で通過ができなくなる機能性腸閉塞があります。
機械性腸閉塞とは腸管の血流が悪くならない単純性腸閉塞と、腸管の血流が悪くなる複雑性(絞扼性)腸閉塞に分類されます。

単純性腸閉塞
単純性腸閉塞のほとんどは術後の腸管の癒着による癒着性の腸閉塞で主に小腸が閉塞します。また、大腸の閉塞は大腸がんによるものや便秘によるものが原因となって起きることがあります。症状としては間欠的な腹痛、嘔吐、排便や排ガスの停止、腹部膨満などがみられます。
複雑性腸閉塞
複雑性腸閉塞は腸管が捻じれて血流が悪くなる絞扼性の腸閉塞のことをいいます。腸管が捻じれるため突然の腹部の激痛が出現し、時折ショック状態となります。時間がたつと腸管が壊死してしまうため緊急で治療が必要となります。

機能的腸閉塞とは腸管の正常な動きが悪くなって起こる麻痺性の腸閉塞と、腸管がけいれんして起きる痙攣性の腸閉塞の2つに分類されます。

麻痺性腸閉塞
腹部手術や腹膜炎による神経の障害で腸管運動の麻痺を引き起こします。
痙攣性腸閉塞
中毒などで腸管の一部がけいれんして内容物の移動に障害が生じます。

緊急手術が必要な複雑性腸閉塞

腸閉塞は腹部の診察、腹部レントゲン、腹部 CT 検査で診断し、分類結果次第で治療法が異なります。
単純性腸閉塞や機能性腸閉塞には一般的に保存的治療が行われます。保存的治療では点滴治療で脱水や電解質異常に対する治療を行いながら絶飲食で腸管を安静にします。必要に応じて抗生物質の投与を行ったり、鼻からチューブを挿入し腸管内容の吸引および減圧を行います。なお、治療に対する反応が乏しい場合は手術になる場合があります。
一方、複雑性腸閉塞は時間がたつと腸管が壊死してしまうため緊急手術の適応となります。手術を行い、捻じれている腸管を解除し、壊死している腸管を切除します。
腸閉塞は自然によくなることはほとんどなく、すぐに治療を行わないと命にかかわる可能性があるため、思いあたる症状が出現した場合はすぐに医療機関を受診してください。

PAGE TOP

PAGE TOP