徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2021年(令和3年)9月27日 月曜日 徳洲新聞 NO.1306 三面

羽生病院リハビリ科 学生にオンライン説明会
回復期病棟開設へ採用活動強化

川島副室長(右)と保坂主任 質疑応答では学生から多数の質問

羽生総合病院(埼玉県)リハビリテーション科はオンライン就職見学・説明会をスタートした。同院は2023年に回復期リハビリテーション病棟を開設予定で、優秀な人材を迎え入れるために採用活動を強化。8月24日に第1回、9月14日に第2回を実施。10、11月にも第3、4回を予定している。

同院リハビリテーション科の責任者を務める川島宏美副室長(言語聴覚士)は「今年はコロナ第5波と重なったためオンライン開催にしました。医学生向けのWEB説明会のインフラが整っていたので、そのノウハウを活用しました」と説明する。

第1回は4人の学生が参加した。川島副室長と保坂彰子主任(理学療法士)が挨拶し、学生たちが自己紹介。仕事のやりがいや魅力、教育体制、勤務の1日の流れ、福利厚生などを説明する病院紹介の動画を視聴後、質疑応答の時間を設けた。患者層や疾患、試験内容、より詳しい教育体制など、さまざまな質問が挙がり、川島副室長と保坂主任が丁寧に回答していた。

川島副室長は「オンライン説明会は初めての試みでしたが、思っていたよりもコミュニケーションができ、一人ひとりの雰囲気が伝わってきました」と手応えを感じている。

PAGE TOP

PAGE TOP