徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(令和元年)5月20日 月曜日 徳洲新聞 NO.1185 三面

高校生の看護体験が好評
仙台病院

オペ室体験の一環で手指消毒を行う高校生たち オペ室体験の一環で手指消毒を行う高校生たち

仙台徳洲会病院が定期的に催している高校生看護体験が好評だ。地域の高校生を対象に広く看護師の業務を知ってもらい、将来の進路を考える際の参考にしてもらうことを目的に、2018年度から年3回開いている。

直近では3月29日に開催し、県内の高校から14人が参加。病棟体験で患者さんとコミュニケーションを取ったり、オペ室体験では手洗いやガウンテクニック(着脱法)を行ったりした。包帯の巻き方や点滴の調整など、幅広く看護を体験。昼食時には先輩看護師から体験談を聞く時間も設けた。参加者からは「実技体験がたくさんできてよかった」、「模型を用いた採血を初めて行い、素晴らしい経験ができた」など感想が挙がっていた。

同院の佐藤裕恵・看護部長は「看護師の仕事のやりがいや魅力を知り、将来、看護の道を目指してくれたら嬉しい」と話している。

PAGE TOP

PAGE TOP