徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

健診・人間ドック

Medical checkup

子宮頚がん 細胞診・HPV検査

ヒトパピローマウィルス(HPV)の いない子宮には、子宮頸がんは起こらない、と極言する学者も少なくありません。細胞診とHPV検査を併用することで、病変の発見率がほぼ100%になる上に、将来子宮頸がんになるリスクがあるか否かもわかるのです。

米国産婦人科学会「子宮がん検診ガイドライン」では、「30歳以上の女性は全員 細胞診とHPV検査を併用すべき。両方が陰性ならば、次回は3年後でよい。」と提唱しています。
HPVは多種類存在しますが、その中で子宮頸がんを惹き起こすのは、僅か数種類です。しかも、その数種類の危険なHPVに感染しても、大半の方は子宮頸がん発症には至りません。

ごく少数の方が、先ず前がん段階である「異形成」になります。異形成には、下記の様な軽度、中等度、高度の3段階があり、この段階で発見すれば、子宮頸がんには至らず、簡単に治せるわけです。

前がん段階(異形成)
軽度異形成 経過観察
中等度異形成 ケースバイケース
高度異形成 円錐切除術

高度異形成までに発見できなかった方だけが、子宮頸がんを発症するのです。
今、子宮頸がんは若年化が進み、10代、20代で発症するケースが増加しています。日本の多くの女性が、若いうちから細胞診とHPV検査を受ける様になれば、この国から子宮頸がんによる死を撲滅できる日が来るでしょう。

PAGE TOP

PAGE TOP