徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2021年(令和3年)5月10日 月曜日 徳洲新聞 NO.1286 四面

新型コロナ対策 診療・応援業務など方針を
グループ病院・施設に通知 一般社団法人徳洲会

新型コロナ感染拡大により、東京都、大阪府、兵庫県、京都府に対し緊急事態宣言が発令され、多くの地域で、まん延防止等重点措置が取られている。こうした事態を受け、一般社団法人徳洲会は同宣言が発出された翌4月26日、診療や応援業務などに関しグループの対応を各病院・施設に通知した。


具体的には、①緊急事態宣言発令地域の医療機関や介護施設の診療機能・サービスについては一律中止にはしない。ただし緊急性のない診療や介護サービスは患者さん・利用者さんとよく相談し実施を検討、②同地域で業務に関係する職員の往来(応援業務など)は一律禁止にはしない。ただし、必要性を十分に検討し中止および延期できるものは速やかに対応し、やむを得ず往来を行う場合は感染対策を徹底し、必要に応じて当該職員の検査を積極的に行う。会議や研修での往来は原則禁止としオンライン会議などを活用する、③地域にかかわらず医療・介護従事者として自覚をもった行動を徹底するよう周知、④地域にかかわらず、感染をもち込むリスクがあると考え、クラスター(感染者集団)発生防止の対策(発生しても最小限に抑え込む対策)を徹底する――など。


PAGE TOP

PAGE TOP