徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2021年(令和3年)5月10日 月曜日 徳洲新聞 NO.1286 四面

顔覚え院内連携円滑に
新入職員を動画で紹介 茅ヶ崎病院

計約11分間の動画でそれぞれ自己紹介(写真は岩崎麻美看護師)

茅ヶ崎徳洲会病院(神奈川県)は今年度新入職員の自己紹介動画を作成した。新型コロナウイルス感染症対策のため、入職式や朝礼などで挨拶や自己紹介を行う機会がなく、業務中は常時、マスクやアイシールドを着用していることから、とくに他部署の職員だと顔と名前を覚えるのが難しい。そこで、既存職員や新入職員同士が顔や名前、人柄などを知り、コミュニケーションを円滑にすることを目的に紹介動画を作成。電子カルテ用のパソコンから閲覧できるようにした。


同院互助会の会長を務める佐藤信昭副院長の発案で実施。1月に互助会主催のオンライン新年会で、昨年度の新入職員の紹介動画を流したのが好評だったことから、今年度は入職直後に行った。


今年度は計16人が入職。4月1日の入職式後にひとりずつ、感染対策を徹底したうえで動画を撮影。緊張しながらも出身地、趣味、抱負などをしっかりと語った。中川茉奈美・理学療法士は「学びの姿勢を大切にしていきたい」、吉原加乃・事務職員は「地元の茅ヶ崎を支えられるように頑張っていきたい」と誓った。


PAGE TOP

PAGE TOP