徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2020年(令和2年)11月2日 月曜日 徳洲新聞 NO.1260 一面

脳動脈瘤の新しい治療法
「フローダイバーターシステム」始動
成田富里病院が徳洲会グループ初

成田富里徳洲会病院(千葉県)はフローダイバーターシステムを用いた新たな未破裂脳動脈瘤(りゅう)治療を開始した。これは、外科的手術やコイル塞栓(そくせん)術での治療が困難な頭蓋内動脈瘤を対象としたカテーテルによる血管内治療。具体的には最大瘤径が5㎜以上、かつ動脈瘤の根元部分の径が大きいワイドネック型の頭蓋内動脈瘤が適応となる。徳洲会グループでは同院が初の導入。厳格な実施基準が設けられており、同システムを用いた治療の実施施設は8月末現在、全国で約80病院にとどまる。

外科手術やコイル塞栓術困難例に

「治療困難症例への新たな選択肢」と宮本部長「治療困難症例への新たな選択肢」と宮本部長

フローダイバーターシステムが日本で保険適用となったのは2015年。特殊なステント(メッシュ状の筒形のデバイス)を脳動脈瘤のある動脈に留置することで、破裂リスクの低減を目指す治療法だ。

特徴的なのは、一般的なステントよりも網目がとても細かいこと。これにより、動脈の血流を維持しながら脳動脈瘤内への血液の流入を大幅に低減し、瘤内部にたまった血液の血栓形成を促進して瘤を閉塞する。加えて、ネック部分の血管の内膜形成も誘引することにより、破裂リスクの低減を図る。

成田富里病院でフローダイバーター治療に取り組むのは、脳神経外科の宮本倫行部長だ。これまで宮本部長は、とくに脳梗塞や脳出血、脳動脈瘤、頸動脈狭窄(けいどうみゃくきょうさく)、頸椎(けいつい)症などの治療に注力。血管内治療の経験症例は550件を超える。昨年4月から非常勤医として診療に従事し、今年8月に常勤医となった。前勤務先の帝京大学医学部附属病院でもフローダイバーター治療を手がけていた。

宮本部長は「大型脳動脈瘤は、瘤の位置や大きさによって程度は異なりますが、破裂率が高く、破裂した場合、致死率の高いくも膜下出血の原因となります。治療法に関して言えば、大型のケースでは開頭クリッピング術は困難であり、ステント併用コイル塞栓術を行っても、症例によっては瘤内のコイルが血流によって圧迫され、つぶれてしまうコイルコンパクションが起き、十分な治療効果が得られず再発することもあります。フローダイバーターシステムは、既存の方法とは異なるアプローチの治療法であり、治療困難な症例に対する新たな選択肢になり得る治療法と言えます」とアピールする。

フローダイバーターシステムによる治療のイメージ図(提供:日本メドトロニック)フローダイバーターシステムによる治療のイメージ図(提供:日本メドトロニック)
特殊なステントをカテーテルで動脈瘤付近に送り込む(提供:日本メドトロニック)特殊なステントをカテーテルで動脈瘤付近に送り込む(提供:日本メドトロニック)

実施するには、脳動脈瘤に対する血管内治療の実績を十分に有する脳血管内治療専門医であることや、同治療に関する研修プログラムを修了していることなど条件を満たす必要がある。

同院では8月31日にフローダイバーターによる1例目の治療を実施。再発した患者さんで、治療時間は1時間15分ほど、入院期間は1週間だった。経過は順調だ。治療後は血栓症予防のため、抗凝固薬と抗血小板薬の内服を続けることになる。同院は、その後も症例を重ね、これまでに50~80代までの計5人に同治療を実施した。

「フローダイバーター治療は、脳動脈瘤の患者さんすべてに実施できる治療法ではありませんが、適応のある患者さんがおられたら、ぜひお役に立ちたいと考えています。脳の手術にはリスクがともないますので、この治療法のベネフィット(利益)とリスクを十分に検討し、患者さんやご家族に理解し納得していただいたうえで治療することを心がけています」(宮本部長)

同院は10月、脳神経外科に中里一郎医師が入職し、同科の常勤医が2人体制に拡充した。フローダイバーターシステムなど高度な治療を提供していくとともに、今後も地域の救急隊との連携を深め、脳卒中をはじめとする救急患者さんの受け入れなど通じ、地域医療の充実に貢献していく。

PAGE TOP

PAGE TOP