徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(令和元年)10月21日 月曜日 徳洲新聞 NO.1207 三面

医療者向けサーフィン大会に出場
湘南藤沢病院&徳之島病院が入賞
「いつか徳洲会カップを開きたい」

ライディングテクニックを披露する髙力副院長(左)とカフナクラス(50歳以上)で入賞した勇事務長(右から2人目) ライディングテクニックを披露する髙力副院長(左)とカフナクラス(50歳以上)で入賞した勇事務長(右から2人目)

千葉県鴨川市で行われた「Kameda Cup 2019」で湘南藤沢徳洲会病院(神奈川県)の久保健一・看護師長、髙力俊策副院長、右松栄里看護師、徳之島徳洲会病院(鹿児島県)の勇利幸事務長が入賞した。同大会は鴨川市にある亀田メディカルセンターが主催する医療従事者のためのサーフィン大会。

全国から140人がエントリーするなか、ロングボードA(ターンができるレベル)で久保・看護師長が3位、ロングボードB(自力で波に乗れるレベル)で右松看護師が3位、髙力副院長が4位に入賞した。勇事務長は50歳以上のショートボードで3位に食い込んだ。

大会後、髙力副院長は「鴨川は地域全体で町おこしにサーフィンをうまく活用しています。Kameda Cupもそのひとつで、同大会を通じて“鴨川でサーフィンがしたいから”と亀田に勤務を希望する医療関係者が少なくありません。湘南も日本有数のサーフィンのポイントですから、いつか“徳洲会カップ”を開き、地域の活性化や人材の確保につなげられたら良いと思います」。

大会には湘南鎌倉総合病院(神奈川県)や一般社団法人徳洲会の職員も出場した。

PAGE TOP

PAGE TOP