徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2018年(平成30年)6月18日 月曜日 徳洲新聞 NO.1138 四面

教えてドクター

子どもを島に連れて行きたい


Q.「でもハブが出てきたら怖いのです」(主婦・50歳)

お答えします

久志安範・与論徳洲会病院院長 久志安範・与論徳洲会病院院長

A.鹿児島や沖縄の一部離島には猛毒をもつハブがいますが、それほど怖がることはありません。ハブは夜行性で草むらに潜んでいることが多く、夜間の草むらは避けてください。もしかまれても病院には血清があり対処できるので大丈夫です。

都市部では味わえない自然にあふれる海も山も、お子さんに喜んでいただけると思います。海水浴の際にはTシャツの着用を。南の島の太陽を甘く見てはいけません。当院では、透析の患者さんも受け入れています。持病があるから旅行は無理とおっしゃる方も、ご相談いただければ対応いたします。

海外旅行のほうが旅費は安い場合もありますが、安全を考えれば国内の南の島でゆっくりと、夏の休暇を楽しんでいただければと思います。

PAGE TOP

PAGE TOP