徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2021年(令和3年)8月9日 月曜日 徳洲新聞 NO.1299 一面

高気圧酸素治療 榛原病院が着実に実績
地域で初めて装置導入

「地域のために有効に活用したい」と尾川・副技士長

榛原総合病院(静岡県)は2020年10月から高気圧酸素治療を実施、着実に実績を伸ばしている。高気圧酸素治療とは、専用の装置で気圧を通常よりも高め、血中に溶ける酸素量を増やして組織の修復や新生血管の発育を促す治療法。けがをはじめ脳梗塞、ASO(下肢閉塞性動脈硬化症)、腸閉塞、突発性難聴、口腔(こうくう)外科領域での骨髄炎、一酸化炭素中毒など適用範囲は広い。1回の治療時間は基本的に90分。疾患によって治療回数の上限が定められている。

同院は、カプセル型の高気圧酸素治療装置を導入し、地域で初めて同治療を開始。事前に東京西徳洲会病院への見学も行った。下肢の末梢(まっしょう)血管障害への治療を中心に、これまで約300人の患者さんに実施。装置を操作する臨床工学科の尾川克樹・副技士長(臨床工学技士)は「今まで地元の患者さんが高気圧酸素治療を受けるには、東は静岡市や藤枝市、西は浜松市まで行かなければなりませんでした。都市部に比べて医療資源が限られる当地域で行えるのは、とても有益です。幅広く活用していきたい」と意気込む。

榛原病院以外で同装置を導入している徳洲会グループ病院は次のとおり。帯広徳洲会病院(北海道)、札幌徳洲会病院、札幌東徳洲会病院、仙台徳洲会病院、山形徳洲会病院、庄内余目病院(山形県)、成田富里徳洲会病院(千葉県)、四街道徳洲会病院(同)、千葉徳洲会病院、千葉西総合病院、東京西徳洲会病院、湘南鎌倉総合病院(神奈川県)、名古屋徳洲会総合病院、宇治徳洲会病院(京都府)、生駒市立病院(奈良県)、野崎徳洲会病院(大阪府)、松原徳洲会病院(同)、岸和田徳洲会病院(同)、福岡徳洲会病院、屋久島徳洲会病院(鹿児島県)、名瀬徳洲会病院(同)、南部徳洲会病院(沖縄県)、中部徳洲会病院(同)、宮古島徳洲会病院(同)。

PAGE TOP

PAGE TOP