徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2021年(令和3年)3月1日 月曜日 徳洲新聞 NO.1276 四面

新型コロナ対策
医療従事者のワクチン接種
グループとして「強く推奨」
一般社団法人徳洲会が通知

一般社団法人徳洲会は新型コロナウイルス感染症に対する医療従事者向けワクチン優先接種に関して、グループの方針を各施設に通知した。「当該感染症罹患(りかん)の予防効果が大いに期待されることから、グループとしては職員の接種を強く推奨」するとしている。ただし、接種の強制があってはならないため、職員の意思を十分に考慮して進めるよう呼びかけている。

また、通知では優先接種の対象となる「医療従事者」の範囲に言及。厚生労働省の説明では病院、診療所、訪問看護ステーションに従事し「新型コロナウイルス感染症患者(疑い含む)と頻繁に接する機会のある職員」とされている。これについて通知では、これら施設に勤務する者はすべて対象になると考えられるため「原則、全職員を対象としてください。また、常勤職員のみならず、非常勤職員についても対象(税区分甲は対象、乙は個別事情を考慮)」と明記。

院内に常駐する委託職員も対象となるため、各委託先と協議のうえで対象範囲に含めるよう求めている。介護施設に関しては厚労省の方針により「病院と同一敷地内に併設されている介護施設については対象とできる」とされていることから、併設施設については対象としている。

PAGE TOP

PAGE TOP