徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(令和元年)12月16日 月曜日 徳洲新聞 NO.1215 一面

岸和田病院が拡大医療講演
医療のあり方を共に考える
地域の方々2,000人超参加

徳洲会について紹介する東上・副理事長徳洲会について紹介する
東上・副理事長

軽妙な語り口の山口理事長軽妙な語り口の山口理事長

岸和田徳洲会病院(大阪府)は11月4日、岸和田市内で拡大医療講演を開いた。会場の玄関前で実施した健康測定会を含め、当日は地元の方を中心に2,000人超が来場した。

第1部は同院関係者による医療講演。医療法人徳洲会の東上震一・副理事長(同院総長)は「徳洲会グループの未来(なすべきこと)」と題し、徳洲会グループの現況と展望を説明。徳洲会は①救急車の受け入れ、②心臓カテーテル治療、③成人心臓手術、④消化器内視鏡検査・治療、⑤透析治療――などで高い実績を残していることや、社会貢献として離島・へき地医療への取り組み、NPO法人TMAT(徳洲会医療救援隊)による世界での災害医療救援活動、国際医療協力を紹介した。

将来展望として、①安心して生命を預けられる病院をつくり続ける、②急性期から慢性期、療養介護施設まで、すべての施設で患者さんと家族が満足できる施設、③職員が充実して仕事をし、そして報われる施設――など目標を掲げた。

この後、尾野亘院長、片岡直己・消化器外科部長、松本博之・脳神経外科部長が、それぞれ疾患や治療法などを解説した。

多くの方々が駆け付けた健康測定会多くの方々が駆け付けた健康測定会

第2部は「賢い患者になりましょう~あなたがいのちの主人公~」と題し、認定NPO法人ささえあい医療人権センターCOMLの山口育子理事長が特別講演。時代や社会の変化をふまえ、患者さんも医療の課題・現状を理解し「一緒に医療のあり方を考える」必要性を示唆。そのうえで医師にかかる際の心がけを10カ条で示したり、コミュニケーションを図るうえでのポイントを説明したりした。

PAGE TOP

PAGE TOP