徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2020年(令和2年)6月1日 月曜日 徳洲新聞 NO.1238 一面

初期研修医1年次特集
徳洲会グループ
医師としてスタートラインを切り研鑽
入職者数は176人と過去最多
中部徳洲会病院(沖縄県)

2020年度の徳洲会グループの初期研修医は176人(医科168人、歯科8人)と過去最多となった。初期研修期間は臨床研修病院で幅広く研鑽(けんさん)を積み、医師としての土台を固める重要な時期だ。今号では全面にわたり、徳洲会の臨床研修病院21病院に所属する次代を担う1年目の医師と、先輩医師からのメッセージを紹介する。

寄り添える優しい医師に――――都丸翔

運悪く病気にかかってしまった子どもたちが幸せに暮らせるようにしたいと思い、医師という職業を選びました。基本的な臨床手技はもちろん、患者さんの気持ちを理解し寄り添える優しい医師になりたいです。スキルアップのため、手技がありそうなところに積極的に顔を出すようにしています。患者さんから感謝の言葉をいただくと、頑張ろうという気持ちが湧いてきます。

先輩医師からメッセージ
恐れずに積極的に経験 兼島充基・初期研修医(2年目)

手技は経験が大事だと思いますので恐れずに積極的に経験していきましょう。どうすれば良いか考えながら研修を重ねていくとうまくできるようになっていきます。体調管理は大事なので休息が取れる時はきちんと休みましょう。

消化器内視鏡の研修風景

医師として土台となる総合的な診療能力を養う

PAGE TOP

PAGE TOP