徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP 45th

病気の治療

medical treatment

乳腺外科の病気:乳腺線維腺腫

若い女性に最も多い良性の腫瘤

乳腺線維腺腫は、乳腺に発生する良性の腫瘤(しこり)のなかでは最も高頻度にみられる病気です。

加齢でしこりが退縮することも

10歳代後半から20歳代に多く発生し、ゆっくりと発育して30歳代以降、増大傾向は停止します。さらに40、50歳代と年齢が進むにつれて退縮する例もあります。腫瘤は、大きさ1~2cmの表面が平滑な楕円型の腫瘤として触れることが多いですが、稀に3cmを超えることもあります。

乳がんとの鑑別が必要

超音波検査では境界明瞭な平たい腫瘤像を示します。マンモグラフィでは境界明瞭な腫瘤や粗大石灰化像としてみられることもあります。乳がんとの鑑別が問題となりますが、確定診断には摘出生検や針生検が必要となります。

小さければ治療の必要なし

針生検や画像診断でがんが確実に否定できる小さな線維腺腫であれば治療の必要はなく、半年~1年に1回程度の経過観察を行います。

PAGE TOP

PAGE TOP