徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(令和元年)5月6日 月曜日 徳洲新聞 NO.1183 四面

専攻医 座談会
「幅広い症例を経験できるのが魅力」
大隅鹿屋病院

九州本土最南端の大隅半島に位置する大隅鹿屋病院(鹿児島県)。大隅半島“最後の砦(とりで)”と言われる同院へのアクセスは、鹿児島市内から車とフェリーで2時間かかる。徳洲会グループ研修委員会委員長を務める田村幸大副院長の司会の下、同院で初期研修を終え、引き続き専攻医(後期研修医)研修を行っている3人の医師に、同院を選んだ理由や学んだことなどを語り合ってもらった。

座談会は地元や同院の魅力を語り合い、大いに盛り上がる 座談会は地元や同院の魅力を語り合い、大いに盛り上がる

田村 なぜ初期研修先として大隅鹿屋病院を選んだのですか?

高橋 大学の先輩が当院で研修していて、見学に来たのがきっかけです。スタッフも患者さんも優しく、温かい雰囲気が良かったです。

内田 5施設見学して、救急車がたくさん来る病院のほうが、症例を経験できると考えました。

藪田 私も当院の雰囲気の良さが一番の理由です。

田村 当院より都会に立地し医師数が多い病院はたくさんあると思いますが、選ぶにあたって不安はありませんでしたか?

藪田 医師の少ない病院のほうが、ひとりが経験できる症例数は多くなると考えました。不安は方言が理解できるかなということだけでした(笑)。

高橋 すでに先輩が研修していたので、あまり不安はありませんでした。不安といえば火山灰くらいで、親からも少し心配されました(笑)。

田村幸大 大隅鹿屋病院副院長 徳洲会グループ研修委員会委員長 「出身は静岡県、さまざまな経験ができると思い当院を選びました」 田村幸大大隅鹿屋病院副院長 徳洲会グループ研修委員会委員長 「出身は静岡県、さまざまな経験ができると思い当院を選びました」

内田 同級生から「徳洲会から抜けられなくなるんじゃないか」と言われましたが、当院の先生は、そんなことないと笑っていました。専門診療科が少ないこともプラスだと考えていて、ひとつの診療科で幅広い症例を診られるほうが、自分で患者さんをマネジメントできる楽しさがあります。

田村 都会ほど充実していない病院だからこその魅力があるということですね。続いて、初期研修の地域医療研修などで他院も経験したと思いますが、当院との違いはどうですか?

内田 札幌東徳洲会病院(北海道)と帯広徳洲会病院(同)、徳之島徳洲会病院(鹿児島県)で研修しました。徳之島病院では、紹介先が島外になると、患者さんは負担に感じるため、判断が難しいところなどは、当院と似ていました。札幌東病院では、地域のなかの役割として二次救急をメインに受けているため、当院の軽症から重症まで診るのと差異を感じました。

田村 地域で病院数が多いと、「何でもできます」という病院より、専門的な病院が増えてくるのでしょう。

高橋光 外科専攻医2年目。「出身は愛知県ですが、もともとインドア派だったので、レジャー施設の少ない鹿屋市に住んでも不自由に感じません」 高橋光外科専攻医2年目。「出身は愛知県ですが、もともとインドア派だったので、レジャー施設の少ない鹿屋市に住んでも不自由に感じません」

内田 専門に特化した勉強をするなら都会のほうが良いと思いますが、総合的に学びたいなら地方のほうが向いているように感じました。

高橋 瀬戸内徳洲会病院(鹿児島県)で研修しました。車で2時間のところに救命救急センターがありましたが、とくに夜中の救急搬送は判断に迷うことが多く、院内に相談できる先生も少なかったので悩みました。また、島の方々の死生観が独特で、いろいろな考えに触れることができたのも良かったです。

藪田 私も札幌東病院と帯広病院で研修しました。札幌東病院は研修医が多く、交流できたのが良かったです。

患者さんの生活背景まで

藪田愛 外科専攻医1年目。「出身は島根県なので、車中心の生活は変わりません。まわりに温泉が多いので週3回くらい通っています」 藪田愛外科専攻医1年目。「出身は島根県なので、車中心の生活は変わりません。まわりに温泉が多いので週3回くらい通っています」

田村 これまでいろいろな経験をしたなかで、当院のような、へき地病院だから良かったことがあれば教えてください。

内田 当直で救急搬送患者さんに対応し、治療方針を決め、病棟管理、退院まで一連の流れを研修医から経験できるのは、医師が少ない病院ならではだと思います。

高橋 当院が立地する地域では、農業や水産業など第一次産業に従事している方々が多く、重い病気やけがでも患者さんは「家に帰りたい」、「外来で治療したい」と希望します。患者さんの生活背景まで考えて治療を進めていくのは、他では経験できないのではないでしょうか。また、当院は各科当直ではないので、幅広い知識が必要になります。外科専攻医に進みましたが、幅広い治療のひとつとして手術があるという考え方ができるようになりました。ただ、院内に同期がいないので、自分の実力の立ち位置が測れないのは悩みです。

田村 私も当院で初期研修を受け同期がいなかったので、高橋先生の悩みはよくわかります。私の場合、5年目に湘南鎌倉総合病院(神奈川県)でチーフレジデントを勤め上げ、これまでの時間が間違いでなかったのだと自信がもてました。初期研修が終わり、当院で専攻医研修を継続しようと考えた理由を教えてください。

内田修平 内科専攻医1年目。「出身は大隅鹿屋病院から車で約40分の鹿児島県内、地元に帰ってきたので、実家にもたまに帰っています」 内田修平内科専攻医1年目。「出身は大隅鹿屋病院から車で約40分の鹿児島県内、地元に帰ってきたので、実家にもたまに帰っています」

内田 ひとつは2年間勤務して人間関係もでき、働きやすい環境で研修を続けたかったからです。もうひとつの理由として、私は内科の専攻医研修を受けていますが、大学病院だと専門診療科が多く、ローテーションが大変になると考えたからです。当院では総合内科が基本なので、ローテーションを最小限に抑えながら、幅広い症例を経験できると期待しています。

高橋 私も働きやすさと、この地域の住みやすさです。外科に決めたのは直感です(笑)。

田村 私も長期的な展望をもたずに医師をしていたので、高橋先生の気持ちはよくわかります(笑)。

藪田 最初は産婦人科を目指していたのですが、ローテーションで回った外科に興味をもち、外科の専攻医に進みました。当院を選んだのは、幅広い症例、手術が経験できると思ったからです。

環境変えて学ぶのも有効

大隅鹿屋病院は鹿児島市内から車とフェリーで2時間かかる 大隅鹿屋病院は鹿児島市内から車とフェリーで2時間かかる

田村 皆さん、初期研修で当院を選んだ理由と似ていますね。2年間で、その価値観が変わらなかったのは嬉しいです。では、最後に将来の展望を教えてください。

内田 専攻医研修を終えたら循環器内科に進む予定なので、都会の専門病院に行こうと考えています。環境を変え、同じ専門を目指す仲間のなかでもまれる時期をつくりたいです。

田村 私も常勤医が3人の徳之島病院から、超規模の湘南鎌倉病院に行きました。徳之島病院でもまれた後に、湘南鎌倉病院でいろいろな専門の先生の話が聞けたのは勉強になりました。たぶん離島での経験がなければ、湘南鎌倉病院のカンファレンスでは眠ってしまったと思います(笑)。離島・へき地病院も超規模病院も経験すると、それぞれ学んだことが生きてくるのではないでしょうか。

高橋 私も1回くらいは外の病院を経験してみたい気持ちはありますが、しばらくは行き当たりばったりでいきたいと思います(笑)。

藪田 私はずっと胸を張って外科医でいたいと考えています。そのために大学院に行き、論文を書き、専門医資格を取り……と、その時の自分に必要なことを考えて追求していきたいです。

田村 今日は皆さんの本音が聞けて非常に面白かったです。

PAGE TOP

PAGE TOP