徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2019年(令和元年)5月6日 月曜日 徳洲新聞 NO.1183 一面

徳洲会グループの研修
新医師臨床研修制度以前に
独自システムいち早く導入

離島・へき地で初期研修1800人

新医師臨床研修制度が2004年度から始まり、医師は卒後2年以上の初期臨床研修が義務付けられている。「必修科目」(内科6カ月、救急部門3カ月、地域医療1カ月)と「選択必修科目」(外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神科から2診療科)を通じ、医師としての基本的な力を養うのが目的だ。

徳洲会グループでは同制度の創設以前から、充実した研修システムを構築。内科、救急(北米型ER:基本的に全患者さんに対応する救急初期診療)・外科、小児科、産婦人科、精神科、地域医療すべてを必須とするスーパーローテート方式を継続して実施している。離島・へき地での研修もシステム化。同地での研修期間を初期研修は2カ月、後期研修は3カ月と長く設定しているのも特徴だ。今まで同地での研修を修了した初期研修医は約1,800人に上る。

これらのプログラムを通じ、全人的医療を行うために必要な基礎的知識・技術を習得する。なお、厚生労働省は2020年度から外科、小児科、産婦人科、精神科の4診療科を再び必修科目とすることに決めた。

PAGE TOP

PAGE TOP