徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

病気の治療

medical treatment

眼科の病気:網膜疾患

網膜は、角膜と水晶体を通った光が像を結ぶ場所であり、そこに写った情報が脳に伝達されて初めて、私たちはものを「見ている」と認識できます。網膜疾患は、何らかの原因によりこの網膜に異常をきたした疾患です。代表的なものに網膜剥離、黄斑円孔、黄斑上膜、加齢黄斑変性症、糖尿病性網膜症などがあります。

網膜剥離

網膜剥離は、網膜に割れ目や孔が開き、そこから徐々に網膜がはがれてしまう疾患で、放置しておくと失明の危険性もあります。初期症状は飛蚊症(目の前にちらちらと糸のような異物が舞っているように見える症状)や光視症(目を瞑っていても視界の端に光が走って見える症状)で、進行すると視界の周辺から徐々に見えなくなったり、視力が急激に低下したりします。

治療法としては、レーザーで網膜の裂孔をふさぐ光凝固術、網膜を牽引している硝子体を取り除く硝子体手術などがあります。

60歳以上で少し白内障が認められている方は、網膜剥離の治療後、白内障が進行することが多く、同時に白内障治療が必要になるケースもあります。

網膜神経が子細に観察できる3次元眼底像撮影(SS-OCT&アンギオ)装置、隅角の観察・評価が瞬時に可能な前眼部3次元画像解析装置(前眼部OCT・CASIA2)などを用い、緑内障の早期発見や経過の確認に用いています。

術前

術後1

術後2

加齢黄斑変性症

原因は不明ですが、加齢にともない網膜の中心部で異常な血管(新生血管)が発生し、網膜の中心部にある黄斑に障害が生じる疾患です。黄斑はものの形や色、大きさなどを認識するのに不可欠な部分で、ここが障害されると、視界の中心部が薄暗くぼやけたり、ものが歪んで見えたりします。進行すると見えにくくなる範囲が広がって、視力が低下していき、失明の危険性もあります。

壊れた黄斑組織が元に戻ることはないため、早期発見が極めて大切になります。診断には眼底検査や造影検査、光干渉断層撮影検査が有用で、一度に眼底の約80%が撮像可能な超広角走査レーザー検眼鏡や、蛍光眼底造影をしなくても新生血管や無血管領域(ともに加齢黄斑変性症の診断に重要)が確認できる3次元眼底像撮影装置(SS-OCT&アンギオ)を用いて検査します。とくにSS-OCTはごく初期の加齢黄斑変性症の発見も期待できます。

加齢による加齢黄斑変性症は今のところ、有用な治療法が確立されていません。一方、異常な血管の出現が原因の場合は、薬物療法、抗新生血管薬の硝子体注射、もしくは原因箇所にレーザー照射することで進行を抑制、視力改善が期待できます。

糖尿病性網膜症

網膜に酸素や栄養を運ぶ毛細血管が、高血糖によって損傷して生じる疾患です。初期段階で毛細血管瘤ができたり、毛細血管が歪んだりしますが、血糖コントロールによって改善が期待できます。進行すると毛細血管から出血したり、浮腫が発生したり、さらに無血管領域に新たに出現した血管(新生血管。通常の毛細血管よりもろく破れやすい)が破れて出血したりします。

末期には視界全体が薄く赤い色がかかって見えたり、飛蚊症が現れたりし、網膜剥離にいたることもあります。10年ほどの歳月をかけてゆっくりと進行しますが、初期症状がほとんどなく、早期には気付きにくいのが特徴です。

血糖値が高い方は、自覚症状がなくても定期的に眼底検査を受けることをお勧めします。広角眼底観察装置のオプトスや、造影剤なしで網膜の状態を確認できる3次元眼底像撮影(SS-OCT&アンギオ)装置を用いて検査します。

初期治療で最も重要なのは血糖コントロールですから、内科、糖尿病内科の医師と協働し、できる限り侵襲が少なく済む内科的治療を心がけます。血流の途絶えた網膜は、レーザー照射することで、新生血管の進行を抑制することができるため、広範囲に毛細血管閉塞や網膜に損傷のある方は、レーザー治療をお勧めします。ただ、すでに障害した網膜を回復させることはできません。

進行すると、出血によって生じた混濁や新生血管を除去する外科療法(手術)が必要になります。硝子体手術に特化した内視鏡の併用によって、より低侵襲な手術が実施できます。

飛蚊症

目の前にちらちらと糸のような異物が舞っているように見える症状です。硝子体が自然に網膜から離れて発症する加齢性のものと、網膜剥離や硝子体の出血など疾患が原因のものと2通りあります。加齢性の飛蚊症は大きな問題はありませんが、加齢性と思い込んで重篤な疾患を見過ごしがちですので、症状が現れたら専門医への受診をお勧めします。

検査・診断はもちろん、重篤な疾患が見つかった場合は治療を行います。重症の飛蚊症については、原因となる硝子体まで照射可能なYAGレーザーで治療し、見え方の改善をサポートします。

PAGE TOP

PAGE TOP