徳洲会グループ TOKUSHUKAI GROUP

徳洲新聞ダイジェスト

Tokushukai medical group newspaper digest

2018年(平成30年)11月26日 月曜日 徳洲新聞 NO.1161 一面

庄内余目病院
リードレスペースメーカ開始
カテーテルで心臓内に直接留置

庄内余目病院(山形県)はリードレスペースメーカを用いた不整脈治療を開始した。2017年9月に保険適用となったカプセル型の新しいペースメーカで、カテーテルにより、心臓の右心室内に留置する。従来のペースメーカのように心臓が出す電気信号を感知したり電気刺激を伝えたりするための電極と本体を結ぶリード(電線)がないのが特徴。感染症などの合併症回避が期待できるほか、運動制限もないといったメリットがある。徳洲会グループでは同院を含め計11病院がリードレスペースメーカによる治療に取り組んでいる。

合併症の回避などメリット

「ペースメーカを意識せず生活できます」と菊池副院長 「ペースメーカを意識せず生活できます」と菊池副院長

不整脈のなかでも心臓の脈が遅くなるのを徐脈性不整脈という。一時的な意識消失や、めまい、息切れ、眼前暗黒感などの症状が現れる。一般的な治療法として確立しているのがペースメーカ植え込み術だ。ペースメーカは心臓を24時間監視、心臓の電気信号の異常を感知し、人工的に電気信号を発して正常な脈に戻す医療機器。

庄内余目病院が今年8月、新たに導入したリードレスペースメーカは電極と電気回路、電池のすべてが一体化した装置で、長さ25.9㎜、外径6.7㎜、重さ1.75gと非常にコンパクトだ。製造販売する日本メドトロニックによると、10月末時点の導入施設数は全国で357施設。

カテーテルによって心臓内に留置 カテーテルによって心臓内に留置

手術では、足の付け根(鼠径(そけい)部)の静脈から挿入した専用のカテーテルを通じ、心臓内に直接ペースメーカを送り込んで留置する。右心室内の心壁に小さなフックで取り付け固定。手術時間は約1時間で入院は2~3日。

一方、従来のペースメーカは外科手術で胸部の皮下に、本体を入れる小さなポケットをつくる。その後、鎖骨の下を通る静脈にリードを通し、右心室の適切な位置まで挿入。リードを本体につなぎ、本体を皮下ポケットに納める。手術時間は1時間半~2時間で、入院期間は約1週間。合併症として感染症や金属アレルギー、肺の近くの静脈から入れるため気胸などリスクがあり、植え込み後は運動制限もあった。

リードレスペースメーカを導入している徳洲会グループ病院

千葉西総合病院
札幌東徳洲会病院
大隅鹿屋病院(鹿児島県)
湘南鎌倉総合病院(神奈川県)
宇治徳洲会病院(京都府)
中部徳洲会病院(沖縄県)
岸和田徳洲会病院(大阪府)
名古屋徳洲会総合病院
福岡徳洲会病院
庄内余目病院(山形県)
南部徳洲会病院(沖縄県)

(2018年1月〜10月購入ベース)

治療を手がける菊池正・副院長兼心臓センター長兼循環器内科部長は「リードがなく心臓内に直接留置するため、従来のペースメーカで見られた感染症や金属アレルギー、気胸といった合併症がありません。植え込み後の運動制限もなく、外見からはわかりませんので、ペースメーカの存在を意識せずに生活できます。とくに感染を起こしやすい透析患者さんや、カテーテルで低侵襲に植え込みができ身体的負担が小さいことから高齢の患者さんなどに向いた治療です」とアピール。

続けて「条件付きですが、植え込み後にMRI(磁気共鳴画像診断)検査も可能です。また電池は10年もつとされており、電池が切れた場合でも、新たに別のリードレスペースメーカを追加留置できます。最大3個まで留置可能となっています」と説明する。

10円玉と、ほぼ同じサイズのなかに電極、電気回路、電池を格納(画像提供:日本メドトロニック) 10円玉と、ほぼ同じサイズのなかに電極、電気回路、電池を格納(画像提供:日本メドトロニック)

日本不整脈心電学会の基準をふまえ、同院ではリードレスペースメーカによる治療対象として、①心房細動を合併し、症状のある発作性もしくは持続性の高度房室ブロックの場合、②心房細動を合併しない、症状のある発作性もしくは持続性の高度房室ブロックで、右心房へのリード留置が困難な場合、③症状のある徐脈性心房細動または洞機能不全症候群で、右心房へのリード留置が困難な場合、④鎖骨下アプローチができない場合――としている。

菊池副院長はPCI(経皮的冠動脈形成術)をはじめ、CAG(心臓カテーテル検査)、心房細動など不整脈に対するカテーテルアブレーション(心筋焼灼(しょうしゃく)術)、PTAV(経皮的大動脈弁形成術)、重症下肢虚血に対する血行再建術など幅広い治療に取り組み、また今回のように新たな治療法を取り入れながら、今後も地域医療の充実に尽力していく考えだ。

従来のペースメーカ(左)とリードレスペースメーカのイメージ図(画像提供:日本メドトロニック) 従来のペースメーカ(左)とリードレスペースメーカのイメージ図(画像提供:日本メドトロニック)

PAGE TOP

PAGE TOP